大河ドラマと私が気になったこと(主にゲームや動画)について更新しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天地人」 さらば、越後

大河ドラマ「天地人」。さらば、越後。

車の中で見たので、記憶薄です。

とりあえず会津移封の話です。



前回、秀吉に泣き落としをした代わりに、今回は逆に最後の頼みと押し切られた会津移封w

・・・と、面白みを無理に見出すこともできた演出でしたw

太平の世を守るためとか言っても、従わざるを得なかった現実。

越後を離れる。

上杉家にとっては最悪の展開でしょう。

作中のように納得して移封ということはなかったでしょう。

移動の代わりに昇進。現代にも通ずる話ですがね。

この移封は、蒲生氏郷の死により力のなくなった蒲生氏に代わり、会津で徳川・伊達を監視する役目が上杉に回ってきたもの。

そういう流れを無視すると、秀吉が今までその件に対して無策だったように見える。

また、作中では上杉を信用しきっているが、実際は上杉の基盤をなくしつつ監視もさせるという狙いもあったのでしょう。



しかし、物語もクライマックスが近づいてきましたね。

会津移封は1598年。関ヶ原まで後2年です!

天地人の副題に家康の野望とつけたいと思う ここ最近の話。

あまりにも家康の性格が黒すぎるw

思うに、織田政権の頃より常にNo.2の地位にいた家康だけが、秀吉による天下統一が成った後も変わらずに戦国時代のままの気持ちでいたということでしょうね。



最後の回想のシーンを見て、天地人の昔の回を見直したくなりました。












関連記事

コメント:
No title
こんにちは。トラックバックありがとうございました。
おっしゃるように国替えは上杉にとって最悪の選択ですね。伊達と家康を牽制する会津は上杉以外に任せる人もいなかったのは事実ですが、関ヶ原のときは、国替えから間もなかったので上杉の力が充分に発揮できなかったです。乱世に戻るならば越後にいたいという景勝の言葉は上杉の本音だったと思います。
また来ます。
2009/08/25(火) 12:47 | URL | haru #79D/WHSg[ 編集]
No title
haruさん、こんにちは~。
こちらこそ、いつもトラックバックありがとうございます。
国替えから間もない時期に関ヶ原……確かに、厳しかったですね。越後といえば上杉というほど馴染んだ地ですから、離れるのも本当に辛かったことでしょう。
まあ、越後も会津も中央からは遠すぎますから、結局上杉が日の目を見ることはなかったわけですけど。
2009/08/28(金) 01:15 | URL | 泉石 #79D/WHSg[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
Google 検索
ブログ内検索
カテゴリ
ユーザタグリスト
最新記事
その他リンク
同管理人の別サイト
 『センゴク絵巻


  ↓ 参加中のランキング ↓
● にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
● 人気ブログランキングへ
● blogram投票ボタン

● 
  季節 特集

プロフィール

漣 泉石

HN : 漣 泉石

性別 : 男

趣味 : ゲーム、スキー、日本史

好きな戦国武将 : 織田信長

好きなモンハンの武器 :
     ランス > 弓 > 大剣

無料でお小遣い稼ぎ

メールのURLをクリックするだけ
約10秒で1円など
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

アンケートに答えるだけ
約1分で3円など
マクロミルへ登録
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PR






RSSリンクの表示
QRコード
QR
blogram.jp
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。