大河ドラマと私が気になったこと(主にゲームや動画)について更新しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天地人」 五人の兼続

大河ドラマ「天地人」。五人の兼続。

またしても、タイトル意味不明・・・・・・



越後では兼続が内政を取り仕切る。

景勝様は、兼続にすべて任せた・・・・・・と、仕事放棄w

盾になるとか、いい話っぽく最後は持っていったけどさ。



で、関白・豊臣秀次は一瞬でさようなら~ ^ ^ ノシ

こんな急展開なら、そりゃぁ批判も出るわな。
兼続は、石田三成に会おうとするが会えず。



その間に伊達政宗が三成に疑われるも、徳川家康が北政所に掛け合ってセーフ。

膨らむ三成への疑惑。

そして、秀次の一族が処刑に!

その場にも三成!

・・・と、初音。



秀吉は諸大名に拾に忠誠を誓う起請文を。

その席で、またも家康が三成落としにかかる。

しかし、景勝様が珍しく饒舌に反論!

景勝様かっこいいw

冒頭で仕事放棄したとは思えないリーダーシップw



兼続は、再び三成の元へ。しかし、会えず。

と、そこへ秀吉が登場。拾を関白につけるための黒い意思を発揮。

そこへ呼ばれた三成が。

兼続は、三成の苦労と真意を知る

そして、三成に大名による合議制の案を出し、2人で内容をつめる。

・・・・・・って、五大老五奉行制を兼続が考えたような展開にw

これでいいのか大河ドラマ。

間違った知識を植え付けそうなんですけどw



家康を大老にいれる件。

入れなかった場合・・・その場で戦乱に戻るか、後の戦乱の種。

入れた場合・・・・・・・・現状は維持。家康の地位が向上。その後は史実が証明。

どちらにしても戦乱は避けれないのでしたとさ。



前田利家に相談に行ってからの流れはドラマ的ながら面白く見れました。

総じて、兼続と三成のドラマとしては、良い展開だったのではないでしょうか。



五人の兼続って題は、有能なもの五人いればってとこから五大老に繋がるんだろうけど、

今は六大老になってるんですけど?

そんな題でいいのか・・・・・・・・・




















関連記事

コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
Google 検索
ブログ内検索
カテゴリ
ユーザタグリスト
最新記事
その他リンク
同管理人の別サイト
 『センゴク絵巻


  ↓ 参加中のランキング ↓
● にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
● 人気ブログランキングへ
● blogram投票ボタン

● 
  季節 特集

プロフィール

漣 泉石

HN : 漣 泉石

性別 : 男

趣味 : ゲーム、スキー、日本史

好きな戦国武将 : 織田信長

好きなモンハンの武器 :
     ランス > 弓 > 大剣

無料でお小遣い稼ぎ

メールのURLをクリックするだけ
約10秒で1円など
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

アンケートに答えるだけ
約1分で3円など
マクロミルへ登録
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PR






RSSリンクの表示
QRコード
QR
blogram.jp
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。