大河ドラマと私が気になったこと(主にゲームや動画)について更新しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「軍師官兵衛」 第35回、秀吉のたくらみ

大河ドラマ「軍師官兵衛」。第35回、秀吉のたくらみ。
豊臣秀吉による対島津、九州平定。
その後の九州における仕置き。
秀吉と官兵衛の関係に亀裂が!


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
ランキング参加中。応援してくださる方はクリック



官兵衛は九州での調略を進める。
宇都宮鎮房に本領安堵を約束して説得。
態度でかいな、宇都宮。
というか全然知らないけど、なぜ出してきたのかと思ってみていました。
まあ、その理由は次回予告でわかったわけですがw

徳川家康豊臣秀吉に臣下の礼を取ったことで秀吉もいよいよ九州へ向かいます。
しかし、その胸中は茶々でいっぱい?
おねは心の中で怒り続けていたことでしょうw
そんな相手の茶々は、ついに秀吉を受け入れることに。
強き者につく。
荒木村重が言うところの化け物になってきたようです
こちらは、やっと面白くなってきそうですね。

黒田長政、合流。
相変わらず官兵衛はそっけないですね。
大将ではなく先鋒気質の長政です。
まあ、黒田家自体、総大将を任されるような家じゃないし、
間違ってはいない気もしますが。
官兵衛が特殊なだけでw
その長政が持ってきた秀吉と家康のやりとり。
聞いたことあるけど出典はまた小説かと思ったけど
史実?微妙なとこ。

バテレン追放令
宣教師ガスパース・コエリョが秀吉に大きい態度で出たこともあり、
キリスト教を危険視した秀吉は追放令を出す。
まあ、秀吉が九州で実際にキリスト教の広まりを目にし、
危機感を持ったのは確かかもしれない。

まあ、追放令とはいえ、ドラマほど過度のものではなかったみたい。

秀吉が変わって、官兵衛を遠ざけていく。
島津攻めで軍を分けた時に秀吉のそばに石田三成
豊臣秀長と官兵衛という組み合わせも、秀吉が信頼して別働隊を
任せられる人選のようでバランスがいいように見える
あと、兵糧の残りは官兵衛より三成の方が詳しいでしょw

官兵衛は国替えにより豊前6郡となる。
官兵衛を恐れた秀吉が中央より遠ざけたともいわれるが、実際はどうだったのか?
一応加増だし、九州の抑え、朝鮮を見据えてとなるとわかる話か?
まあ、官兵衛自身をあまり出世させず、戦にだけこき使いたいのは見て取れますねw



次回は、試練の新天地。
ここで宇都宮鎮房が出てきますね。



blogram投票ボタン
ランキング参加中。応援してくださる方はクリック



関連記事

コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【 軍師官兵衛 】第35回 「秀吉のたくらみ」感想

遂に家康(寺尾聰)が秀吉(竹中直人)に帰順、東の脅威がなくなった秀吉の 九州出陣が決定した。 九州に先乗りしていた官兵衛(岡田准一)は、豊前の領主・宇都宮鎮房(村田雄浩) に本領安堵を約束し、味方につける。 出陣した秀吉は九州でキリシタンが大きな力を持つことを知り警戒を強め、信徒で ある右近(生田斗真)や官兵衛の不安が高まる。 一方、茶々(二階堂ふみ)が秀吉の求愛を受け入れる...

大河ドラマ「軍師官兵衛」第35回

バテレン追放… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201408310001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】軍師官兵衛 完全版 第壱集【Blu-ray】 [ 岡田准一 ]価格:10,449円(税込、送料込)

軍師官兵衛~第三十五話「秀吉のたくらみ」

第三十四話「九州出陣」はこちら。 前回の視聴率はなんと13.0%と大暴落。こうな

軍師官兵衛 第35回「秀吉のたくらみ」〜「官兵衛、それ以上申すな。お主を罰したくない」

 描かれるさまざまな人間像。  長政(松坂桃李)は物事には裏があることを知らない。  秀吉(竹中直人)と家康(寺尾聰)の陣羽織のやりとりを見て、素直に感動する。 「石田三成(田中圭)が官兵衛(岡田准一)と秀吉の仲を引き裂いている」という噂話を信じてしまう...

『軍師官兵衛』第35回「秀吉のたくらみ」★九州平定とエグイ国替え

『軍師官兵衛』第35回「秀吉のたくらみ」 陣羽織を巡る秀吉と家康の「芝居」を見抜けず、「さすがは徳川様…」云々と、思いっ切りリスペクトしちゃってる長政(松坂桃李)。 賢くなさそうなニヤケ顔が印象的。 ガッチャマン! −◆− 官兵衛(岡田准一)が宇都宮鎮房(村田雄浩)に本領安堵の約束。 「殿下より直に承っております。」と保証したんだけどなぁ・・・。 −◆− 忙しい合...

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」第35回「秀吉のたくらみ」

むううう・・む、なああんとなくチープだにゃああ・・いえほら、今回のタイトルが!たくらみとかって言っちゃったら天下人の方がまるで三下の三悪みたいに聞こえてしまって、にゃんにゃんにゃにゃ~ん・・みたいな~。ここはやっぱり予告編にもありました「暴走」こそがキーワードなのではないかと…

軍師官兵衛 第三十五回

『秀吉のたくらみ』 「“秀吉のたくらみ”権力者の暴走始まる」 内容 妹、母を送り込むことで、家康(寺尾聰)を帰順させた秀吉(竹中直人) 東の脅威がなくなったことで、秀吉も九州へと向かうことに。 それにより、長政(松坂桃李)も官兵衛(岡田准一)の本陣に入るこ...

『軍師 官兵衛』 第35回「秀吉のたくらみ」

 いよいよ九州攻めが始まることになり、官兵衛は豊前などの調略を九郎右衛門に任せます。その行動には又兵衛も同行して調略を学べ、と命じられました。長政は意外そうな表情ですが、善助が「若には大将の役割がございます」と進言。不承不承うなずいた長政は、大坂での情報を官兵衛に問われ、家康の器量を絶賛しました。官兵衛は苦笑して、陣羽織の話は前もって秀吉様が打ち合わせた芝居だ、と説明。まだまだ長政は若いとい...

大河ドラマ「軍師官兵衛」 #35 秀吉のたくらみ

暴走を始める秀吉。 権力を得た秀吉がとんでもない方向へと進んでいきます。

軍師官兵衛第35話(8.31)

大軍を擁する豊臣秀吉@竹中直人の前に島津は降伏、九州は平定される。 だが、キリシタンを警戒する秀吉はバテレン追放令を発令、 更に豊前の領主宇都宮鎮房@村田雄浩に本領安堵を約束しておきながら、 黒田官兵衛@岡田准一に豊前を領土として与えたと 天下人となった秀吉の人柄が変貌しつつある・・・という話だったのでしょうな しかし、バテレン追放令の原因はイエズス会が武装船を有してたことにありましたし、...

【軍師官兵衛】第35回感想と視聴率「秀吉のたくらみ」

「秀吉のたくらみ」 第35回の関東の視聴率は、前回の13.0%より上がって、14
Google 検索
ブログ内検索
カテゴリ
ユーザタグリスト
最新記事
その他リンク
同管理人の別サイト
 『センゴク絵巻


  ↓ 参加中のランキング ↓
● にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
● 人気ブログランキングへ
● blogram投票ボタン

● 
  季節 特集

プロフィール

漣 泉石

HN : 漣 泉石

性別 : 男

趣味 : ゲーム、スキー、日本史

好きな戦国武将 : 織田信長

好きなモンハンの武器 :
     ランス > 弓 > 大剣

無料でお小遣い稼ぎ

メールのURLをクリックするだけ
約10秒で1円など
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

アンケートに答えるだけ
約1分で3円など
マクロミルへ登録
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PR






RSSリンクの表示
QRコード
QR
blogram.jp
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。