大河ドラマと私が気になったこと(主にゲームや動画)について更新しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「軍師官兵衛」 第33回、傷だらけの魂

大河ドラマ「軍師官兵衛」。第33回、傷だらけの魂。
関白秀吉誕生~九州征伐前。
道薫の話がメインか。


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
ランキング参加中。応援してくださる方はクリック


秀吉が関白となり、豊臣秀吉と名乗りを改める。
天下惣無事!
天皇の勅により戦を禁じて、豊臣家がその監視役になる
という形での天下統一を成す。
だが、当然従わない者達が出てくる。
それが徳川や北条や島津といった遠方の大大名達。

官兵衛の意見の通り徳川と戦いを避ける秀吉だが、
石田三成は不満そうだ。
子飼いの武将達の中でも、秀吉の三成に対する扱いは特別で、
おねも危惧するほど。
やはり賢妻か。
そんなおねよりも、秀吉は茶々にご執心ですw
ああ、醜い面が出てきた、出てきた。

茶々が道薫に興味を示したことから道薫の話へ。
生き恥を晒して生きていく。
またも自分を化け物と言う道薫は、この場にいる皆化け物だと言う。
道薫には良い印象が微塵もありませんが、ここはなかなか良い場面でした。
秀吉に斬られそうになりますが、官兵衛と茶々により止められます。
道薫は厄介払いになる。

道薫と死んだだしの子・又兵衛が登場。
初めは拒絶した道薫だが、最終的に心を開き死んだだしに謝罪する。
道薫に救いなどいらなかったが・・・

秀吉と官兵衛の間は更に悪くなる。
というか、秀吉が一方的に遠ざけている。

いろいろあって官兵衛はキリシタンになります。
高山右近にというか、だしの影響で改宗した感じ。
周囲は少し心配していましたw



次回は、九州出陣。



blogram投票ボタン
ランキング参加中。応援してくださる方はクリック



関連記事

コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『軍師 官兵衛』 第33回「傷だらけの魂」

 天正13年、天下を驚かせる規模で大坂城が完成し、朝廷から「豊臣」の姓を賜った秀吉は、ついに関白に就任しました。巨大な天守閣がそびえ、すべてをまばゆい黄金で作られた茶室には、招かれた小早川隆景と安国寺恵瓊も肝をうばわれます。これほどの権勢を誇る秀吉に従わない大名は、もうわずか。東の徳川家と北条家には、使者を派遣していますが、まだ成果はあがりません。いっぽう九州では、薩摩の島津氏が勢力を拡大し...

〔NHK大河ドラマ〕軍師官兵衛 第33回「傷だらけの塊」 当時の大坂はめちゃめちゃ狭かった?!

大坂所払いになった道薫に対して利休が 「堺にある庵で茶の湯三昧の日々を過ごすが良い」 と言っている。 当時の堺は大坂ではなかったんですな。 今でも大阪市と堺市は大和川を挟んで完全対立しているけど ちょっと前まで自治都市だった堺は別の国。 信長・秀吉のよって...

軍師官兵衛 第三十三回

『傷だらけの魂』 「傷だらけの魂〜死を望んだ男が流した涙」 内容 天正十三年、秀吉(竹中直人)は関白となり、姓を豊臣と改めた。 そして秀吉は、官兵衛(岡田准一)らを大坂城に集め、“天下惣無事”を伝える。 そんななか官兵衛は、道薫(田中哲司)から茶々(二階...

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」第33回「傷だらけの魂」

ぱっぱっぱ~ぱらぱぱ~ん♪ぱらぱらぱぱらぱ~~~ん♪・・・はっ!傷だらけの天使でも傷だらけの軍師でもなく、傷だらけの魂でしたかっ!こりゃ失敬!いえほら、なああんとなくコンビーフとか食べたくなっちゃう今日この頃の残暑の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。本日も軍師官兵衛の時間の時間がやってまいりました~。

【 軍師官兵衛 】第33回 「傷だらけの魂」感想

秀吉(竹中直人)は関白となり、更に姓を豊臣に改める。 秀吉のお伽衆、道薫(田中哲司)と亡き妻「だし」との幼い息子を見つけた 官兵衛(岡田准一)は親子を引き合わせるが道薫は逃げる。 茶々(二階堂ふみ)の望みで城を捨て逃げた過去の話をするよう秀吉に 命じられた道薫は居合わせたすべての者を「化け物」と罵り、殺されることを 望むが官兵衛に止められる。 やがて、官兵衛は右近(生田斗真)...

大河ドラマ「軍師官兵衛」第33回

天下惣無事… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201408170000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 オリジナル・サウンドトラック...価格:3,348円(税込、送料込)

大河ドラマ「軍師官兵衛」生き抜く為に勝つ術33官兵衛道薫に息子との対面を演出し自らはだしの導きでキリシタンに入信した

大河ドラマ「軍師官兵衛」第33話は関白となった秀吉は官兵衛が先を読む力を警戒するようになっていた。さらには徳川対策、並びに跡取り問題も頭を悩ます。そんな中道薫に茶々が ...

大河ドラマ「軍師官兵衛」 #33 傷だらけの魂

官兵衛の洗礼の話でしょうか。 そして、秀吉は関白に就任しました。

軍師官兵衛~第三十三話「傷だらけの魂」

第三十二話「さらば、父よ!」はこちら。 前回の視聴率は16.1%と予想を大幅に下

軍師官兵衛 第33回「傷だらけの魂」〜生きてこそ渇ききった心に潤いを取り戻す日が来ます

 人は目標を達成すると迷い始める。  天下統一という目標がほぼ完成した時、秀吉(竹中直人)は、 「関白にまで上り詰めたこのわしには、もはやこの手に入らぬものなどない。  じゃが茶々だけはこのわしに見向きもせぬ。そこがたまらんのじゃ。  逃げれば逃げるほど...

『軍師官兵衛』第33回「傷だらけの魂」★茶々(二階堂ふみ)と道薫

『軍師官兵衛』第33回「傷だらけの魂」 太兵衛が愚痴っています。 「蜂須賀様は阿波。小早川様は伊予。安国寺恵瓊殿までが所領を与えられ大名になったというのに四国平定を先導した我が黒田には何の恩賞もない。おかしいではありませぬか。」 恵瓊って、坊主のくせに、大名になっちゃったんやね。 で、善助「殿は昨年4万石に加増されたばかり。恩賞など欲しくないとお断りになったのじゃ。」 ...

軍師官兵衛第33話(8.17)

羽柴秀吉@竹中直人は関白となり、豊臣姓に改姓、 生き地獄に苦しむ荒木村重(道薫)@田中哲司は 秀吉の機嫌をあえて損じ、死を望むが、 黒田官兵衛@岡田准一に救われる。 そんな官兵衛は高山右近@生田斗真の勧めでキリスト教に入信したと うーん、何も琴線に触れるものがないまま一時間過ぎちゃった 前回の親父に今回の村重、退場するキャラに時間をかけすぎだな。 有岡城脱出から意味ありげに再登場した荒木村...
Google 検索
ブログ内検索
カテゴリ
ユーザタグリスト
最新記事
その他リンク
同管理人の別サイト
 『センゴク絵巻


  ↓ 参加中のランキング ↓
● にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
● 人気ブログランキングへ
● blogram投票ボタン

● 
  季節 特集

プロフィール

漣 泉石

HN : 漣 泉石

性別 : 男

趣味 : ゲーム、スキー、日本史

好きな戦国武将 : 織田信長

好きなモンハンの武器 :
     ランス > 弓 > 大剣

無料でお小遣い稼ぎ

メールのURLをクリックするだけ
約10秒で1円など
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

アンケートに答えるだけ
約1分で3円など
マクロミルへ登録
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PR






RSSリンクの表示
QRコード
QR
blogram.jp
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。