大河ドラマと私が気になったこと(主にゲームや動画)について更新しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「八重の桜」 第47回、残された時間

大河ドラマ「八重の桜」。第47回、残された時間。
新島襄に死が追いついてしまう(次回で?)
今回で死ぬのかと思いましたが、まだでした。


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
ランキング参加中。応援してくださる方はクリック


心臓の発作を持っている襄。
体調が悪いです。

そんな中、同志社英学校を大学にするための資金集めは続きます。
大隈邸での会合など、負担は増すばかり。
煙草の煙で白くなる宴会会場。
体に悪そうです。

そして、襄の余命は僅かと医者に宣告されるまでに!

病の中、大学作りに奔走する襄と、それを心配する八重という回でした。
次回はついに襄が死んでしまう回かな。
しかし、残り3回!?
ここからバタバタ死んでいく流れですかね。
日清・日露もやるんだろうし、かなり急ぎ足になりそうです。



次回は、グッバイ、また会わん。
すごいタイトルだ・・・


blogram投票ボタン
ランキング参加中。応援してくださる方はクリック


関連記事

コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大河ドラマ「八重の桜」信念の人47襄の余命を知り八重は1度は隠すも襄に促されて正直に話すと襄は運命を受け入れ残った時間で同志社大学設立を目指すのだった

大河ドラマ「八重の桜」第47話は同志社大学設立の為に奔走する襄だったが心臓病を患い体調が思わしくない日々だった。そんな中資金集めのために襄は無理な体を押して動こうとす ...

八重の桜 第47回 「残された時間」 スナイパー八重の復活か!?

八重が 再び銃を手にとった!・・・といっても、出店の射的なんですけど〜wでも、このシーンは ちょっと意外でした。八重さんは 会津戦争のあとは、二度と銃を手にしなかっただろうと勝手に思い込んでいましたので。楽しそうに、でも真剣に、射的の的を狙う八重さん。過去の辛い記憶がフラッシュバックして・・・なんてこともなく、襄の構え方の指導までして、ノリノリで楽しんでるじゃないですか〜!?

大河ドラマ「八重の桜」第47回

大学設立まで、あと一歩… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311240002/ 【送料無料】【新作CDポイント3倍対象商品】NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 「八...価格:3,150円(税込、送料込)

八重の桜~第四十七話「残された時間」

第四十六話「駆け落ち」はこちら。 前回の視聴率は13.7%でピタリ的中。かえって

八重の桜 第47回「残された時間」〜誰かが種をまかなければ。一粒の麦を地に落とさなければ

「誰かが種をまかなければ。一粒の麦を地に落とさなければ」  襄(オダギリジョー)の言葉。  しかし、種はすでに播かれていたようだ。  たとえば徳富蘇峰(中村蒼)。  彼は彼の雑誌で襄を支援する。  結果、大隈重信(池田成志)らを寄付という形で動かした。  ...

大河ドラマ「八重の桜」 #47 残された時間

襄に余命宣告。 残された時間は短い。

【八重の桜】第47回 「残された時間」感想

同志社の大学設立に奔走する襄(オダギリジョー)だが、心臓病を患って体調の 思わしくない日が続いていた。 八重(綾瀬はるか)は、資金集めのために動き回ろうとする襄を必死になって制止するが、 襄は一向に聞き入れない。 ついに、主治医が八重に襄の余命が長くないことを告げる。 そして、徳富蘇峰(=猪一郎・中村蒼)の計らいで同志社の募金広告が全国誌に掲載され、 寄進者が集まり出すと、襄...

八重の桜 第47回 残された時間

『残された時間』 内容 明治二十一年、みねの遺児・平馬を山本家の養子に迎えた覚馬(西島秀俊) 八重(綾瀬はるか)は、母代わりにあやそうとするが、どうも上手くいかず。 一方で、夫・襄(オダギリジョー)の心臓の病が思わしくない状態で。。。 そんななか、蘇峰(...

最期を前にして ~八重の桜第47話・残された時間感想~

同志社大学を設立しようとする新島襄だが、不治の病に倒れてしまう。 明治22年(1889年)11月28日、同志社設立運動中に心臓疾患を悪化させて群馬県の前橋で倒れ、その後回復することなく死去したといわれているが、この時点で不治の病とわかっていたらしい。 八重は生きてほしいと願うけど、新島襄は死を恐れながらも、できる限り自分のやりたいことをやりたいと主張。 人は部分的だけど不死身の幻想に憑...

最期を前にして ~八重の桜第47話・残された時間感想~

同志社大学を設立しようとする新島襄だが、不治の病に倒れてしまう。 明治22年(1889年)11月28日、同志社設立運動中に心臓疾患を悪化させて群馬県の前橋で倒れ、その後回復することなく死去したといわれているが、この時点で不治の病とわかっていたらしい。 八重は生きてほしいと願うけど、新島襄は死を恐れながらも、できる限り自分のやりたいことをやりたいと主張。 人は部分的だけど不死身の幻想に憑...
Google 検索
ブログ内検索
カテゴリ
ユーザタグリスト
最新記事
その他リンク
同管理人の別サイト
 『センゴク絵巻


  ↓ 参加中のランキング ↓
● にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
● 人気ブログランキングへ
● blogram投票ボタン

● 
  季節 特集

プロフィール

漣 泉石

HN : 漣 泉石

性別 : 男

趣味 : ゲーム、スキー、日本史

好きな戦国武将 : 織田信長

好きなモンハンの武器 :
     ランス > 弓 > 大剣

無料でお小遣い稼ぎ

メールのURLをクリックするだけ
約10秒で1円など
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

アンケートに答えるだけ
約1分で3円など
マクロミルへ登録
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
PR






RSSリンクの表示
QRコード
QR
blogram.jp
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。