大河ドラマと私が気になったこと(主にゲームや動画)について更新しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「八重の桜」 第42回、襄と行く会津

大河ドラマ「八重の桜」。第42回、襄と行く会津。
久しぶりの会津。
回想回です。


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
ランキング参加中。応援してくださる方はクリック


会津へ行くということで、思い出(回想)がメインの回でした。

山本家の使用人(?)だった2人と再会。
この2人、元々は夫婦じゃなかったんですね。
角場の形が残っていました。
始めそこにいた人が気になったんですが・・・
急に思い出話始めた人が来て追い出された?w

みねがうらと再会します。
感動の親子の対面ですね。
みねが幸せそうでよかったと、うらも肩の荷が降りたのか?
みねのその後は知っているが・・・


今回は、本当に回想がメインだったので
小さい頃の八重がかわいいかったなぁ~とか、
尚之助が懐かしいなぁ~という感想しかないです。


次回は、鹿鳴館の華。
八重が腕相撲します(え


blogram投票ボタン
ランキング参加中。応援してくださる方はクリック


関連記事

コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大河ドラマ「八重の桜」信念の人42八重とみねはうらとの再会にみねが伊勢と結婚の報告をしてうらは涙を流して喜んだ

大河ドラマ「八重の桜」第42話は襄と八重はみねと伊勢と共に会津へ伝道旅行をする事になった。その会津についた八重たちは全く昔と違う城下町にただただ驚くだけだった。そんな ...

【八重の桜】第42回感想と視聴率「襄と行く会津」

【第42回の視聴率は10/21(月)追加予定】 「襄と行く会津」 うらさん、元気

【八重の桜】第42回 「襄と行く会津」感想

新婚のみね(三根梓)と伊勢(黄川田将也)を連れ立て、襄(オダギリジョー)は八重 (綾瀬はるか)とともに会津への伝道旅行に出かけた。 みねを連れて行くことにしたのは、八重の中に、生き別れたうら(長谷川京子)に再会できる かもしれないという淡い期待があったからだ。 そして、ついに踏みしめる懐かしい故郷の土。 山本家が建っていた場所は長屋に変わっていたが、ふとした拍子で、ある残骸を見...

大河ドラマ「八重の桜」第42回

会津旅行… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310200001/ 【送料無料】八重の桜(4) [ 山本むつみ ]価格:1,470円(税込、送料込)

八重の桜 第42回 襄と行く会津

『襄と行く会津』 内容 自由民権運動の盛り上がりと、国会開設の決定されるなか、 板垣退助(加藤雅也)が襲撃される事件が発生する。 その事件のこともあり、運動はいっそう広がりをみせていく。。。 そんななか襄(オダギリジョー)が、療養中の板垣を訪ねる。 民間...

八重の桜 第42回「襄と行く会津」〜みね、幸せに暮らしているのか?

「私、嫁に行ったんだ」  みね(三根梓)がこう言った時、母親のうら(長谷川京子)の顔が一気に変わる。  今までの他人を拒絶するこわばった顔から、喜びと涙の顔へ。  そして 「よがった、よがった。みね、きれいになって……。幸せに暮らしているのか?」  山本家か...

『八重の桜』第42回「襄と行く会津」★私、余計なことをしたべか?

『八重の桜』第42回「襄と行く会津」 襄(オダギリジョー)は八重(綾瀬はるか)と、みね(三根梓)&伊勢(黄川田将也)夫妻とともに、会津に足を踏み入れました。 城は既に7年前に取り壊されて、かつての山本家が建っていた場所は長屋に変わっております。 「昔、山本家に嫁いでいたうらという人をご存じねえでしょうか?」 地べたを掘ったような場所に気付き八重が「角場だ。」 的...

八重の桜 第42回 「襄と行く会津」

  板垣退助。加藤雅也さんのノリの良さにお腹痛い…。すみません…。 もうクネ男にしか見えない。 土下座の回といい、今回にしても、大蔵があまり良い感じに描かれていないような気がする。官学校だから?気のせいかな…。 八重の里帰り。 ここで八重がどんな感情を抱くのか、っていうのは重要なポイントになると思ったので、注意深く見ました。 旧習に悩まされた会津でも、やっぱり愛しい...

国へ帰って ~八重の桜・襄と行く会津感想~

1882年4月6日、自由党党首板垣退助(加藤雅也)が暴漢に刺された事件。 この時に板垣が叫んだ言葉、「板垣死すとも自由は死せず」という言葉。 実際には言っておらず、「痛い、医者を読んでくれ」と言ったとも、『アッと思うばかりで声も出なかった』ともいう。 自由党の臨時報にも「板垣ハ死スルトモ自由ハ亡ヒス」とあり、政府の密偵文章にも「吾死スルトモ自由ハ死セン」とあったという。 作り話とする...

『八重の桜』第42回

襄と行く会津

八重の桜 第42回「襄と行く会津」

タイトルだけ見ると、パックツアーの名前かと間違えてしまうようなものですが、襄が会津に行きたいと思うようになったのは、板垣退助に優しくミルクセーキを作ってあげたときに、彼から会津について聞かされたからというシナリオで進んでいきます。京都に帰るとさらっと会津に旅行に行こうと思うと進言する襄に八重達は驚くとともに、ずっとこの時を待ち望んでいたという期待をも感じているようでした。確かに、みねと伊勢も...

大河ドラマ「八重の桜」 #42 襄と行く会津

八重と襄は会津へ。 久々の再会です。

八重の桜 第42回 「襄と行く会津」  会津は死せず

自由民権運動の 板垣退助 が襲われます。「自由は死なんぜよ!」ああ、板垣は土佐の人でしたね。ミルクセーキを持ってお見舞いに行く襄。そういえば、八重さんを慰めたときはサンドウィッチを食べさせて、見事プロポーズに成功してましたよね。洋風の食べ物で落とす作戦は、襄の得意技のようです!

八重の桜~第四十二話「襄と行く会津」

第四十一話「覚馬の娘」はこちら。 前回の視聴率は12.4%と微動だにしなかった。
Google 検索
ブログ内検索
カテゴリ
ユーザタグリスト
最新記事
その他リンク
同管理人の別サイト
 『センゴク絵巻


  ↓ 参加中のランキング ↓
● にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
● 人気ブログランキングへ
● blogram投票ボタン

● 
  季節 特集

プロフィール

漣 泉石

HN : 漣 泉石

性別 : 男

趣味 : ゲーム、スキー、日本史

好きな戦国武将 : 織田信長

好きなモンハンの武器 :
     ランス > 弓 > 大剣

無料でお小遣い稼ぎ

メールのURLをクリックするだけ
約10秒で1円など
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

アンケートに答えるだけ
約1分で3円など
マクロミルへ登録
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PR






RSSリンクの表示
QRコード
QR
blogram.jp
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。