大河ドラマと私が気になったこと(主にゲームや動画)について更新しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「八重の桜」 第32回、兄の見取り図

大河ドラマ「八重の桜」。第32回、兄の見取り図。
京都の覚馬の下で暮らすようになった八重。
八重の新たなスタート。


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
ランキング参加中。応援してくださる方はクリック


覚馬は変わってしまった。

家のことは新しい妻の時栄に任せるように言い、
八重の干渉は禁止。
みねも馴染めず、納屋に篭る。
佐久は覚馬にすべて任せてるようで、傍観。

八重に知識を。
八重に万国公法を読ませたりする。

会津の敵である元長州藩士の槇村正直に仕える覚馬に、
不満を持つ八重。

ここまで、かなり大柄な態度の覚馬でした。
その後、覚馬は旧会津本陣で心境を明かす。

覚馬は変わっていない。

これからは、女も学問を学ぶ時代。
父に怒られながらも独自で鉄砲を学ぼうとしていた
八重なら当然賛同することか。
しかし、山本家自体はバリバリの家長が全権を
握って有無を言わさぬ家風
なんだよなぁ。
現状も覚馬の言うことがすべてという感じ。
女に学問をってのも、平等とかじゃなく、上からっぽい
のが気になるところ。

みねがようやく慣れる。
赤いくしは、わざと覚馬に気付かせたのか
たまたま落としたのかよくわからなかった。
うらを想えば、時栄は複雑。

八重は女学校で働くことに。
意気揚々と再スタート!

・・・ですが、こうやってブログでまとめていると
体よく追い出されたようにも見える。
今の覚馬の家庭環境を見れば、うらとか八重とか
どう考えても邪魔者だしw
こう見てきて、ドラマ的演出を排除すると、
八重の人生は覚馬の言う通りにしてきた人生という
感じなんですね。
鉄砲、尚之助との結婚、女学校。
そして、今回少し登場の新島襄も覚馬の紹介だし。

そういえば、スルーしていた西郷吉之助とのシーン。
この譲ってもらった薩摩藩邸の土地が同志社の敷地になるのか。


次回は、尚之助との再会。
まさかの尚之助がきたー!
再スタートと思いきや、忘れられてた過去の人登場であるw
ちょっと楽しみ。


blogram投票ボタン
ランキング参加中。応援してくださる方はクリック


関連記事

コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

八重の桜 第32回 兄の見取り図

『兄の見取り図』 内容 覚馬(西島秀俊)に招かれ、 京都にやってきた八重(綾瀬はるか)、佐久(風吹ジュン)みね(池田沙弥花) 八重たちは、妻・時栄(谷村美月)に困惑するが、 ...

八重の桜 第32回 「兄の見取り図」 銃のかわりに書を開こう

京都に来た八重たちが、初めての朝を迎えますが、すでに仕度は 時栄が済ませています。それが面白くない八重と、時栄の間に、静かなバトルが・・・幼いみねは、母親恋しさに 泣きな

【八重の桜】第32回 「兄の見取り図」感想

京都の覚馬(西島秀俊)が暮らす家で、八重(綾瀬はるか)・佐久(風吹ジュン)・みね (池田沙弥花)が同居する初めての朝。 台所を手伝おうとする八重だが、時栄(谷村美月)の

大河ドラマ「八重の桜」信念の人32覚馬の姿に戸惑う八重だったが覚馬の行動と語りに覚馬の覚悟とこれからは学問が武器だと説き伏せられた

大河ドラマ「八重の桜」第32話は京都で覚馬の家で暮らす事になった八重たちだったが時栄が家を仕切っている事に戸惑いを感じながら生活が始まったがみねはうらと別れた事とまだ ...

大河ドラマ「八重の桜」第32回

知恵と知識が武器に… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201308110001/ 【送料無料】八重の桜(2) [ 竹村洋平 ]価格:460円(税込、送料込)

八重の桜 第32回「兄の見取り図」〜「これからは学問がお前の武器だ」

 覚馬(西島秀俊)のいくさ。  それは京都に<文明の町>をつくることだった。  京都については「会津が命がけで守った場所」とも発言。  覚馬にとって京都は<第二の会津>だっ...

八重の桜 第32回 「兄の見取り図」

☆ 山本時栄 八重が追い出すはずの時栄がよく気のつく出来たヨメだったのが上品だと思いました。 八重上げのために悪女に描くことも出来たはずなので。 ただみねの表情を見て

『八重の桜』 第32話 「兄の見取り図」

 ドラマ冒頭、京都での新生活での時栄と八重たちの対峙シーン(時栄の段取りの良さ、うらを蔑ろにされたみねの気持ち)など、姑・嫁・小姑入り乱れた『渡る世間は鬼ばかり』のよう...

【八重の桜】第32回感想と視聴率「兄の見取...

「兄の見取り図」遅くなってしまって、すみません。第32回の視聴率は、前回の15.4%より下がって、13.9%でした。お盆休みなので、下がっても仕方ないかもしれません。「兄の見取り図...

自分の進む道 ~八重の桜・兄の見取り図感想~

この頃の山本覚馬は、失明はしたものの京都府庁に出仕して、当時の知事であった槇村正直の顧問になっていたから、金銭的な不自由はなかったようだ。 覚馬と同居して今の生活や仕事

自分の進む道 ~八重の桜・兄の見取り図感想~

この頃の山本覚馬は、失明はしたものの京都府庁に出仕して、当時の知事であった槇村正直の顧問になっていたから、金銭的な不自由はなかったようだ。 覚馬と同居して今の生活や仕事
Google 検索
ブログ内検索
カテゴリ
ユーザタグリスト
最新記事
その他リンク
同管理人の別サイト
 『センゴク絵巻


  ↓ 参加中のランキング ↓
● にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
● 人気ブログランキングへ
● blogram投票ボタン

● 
  季節 特集

プロフィール

漣 泉石

HN : 漣 泉石

性別 : 男

趣味 : ゲーム、スキー、日本史

好きな戦国武将 : 織田信長

好きなモンハンの武器 :
     ランス > 弓 > 大剣

無料でお小遣い稼ぎ

メールのURLをクリックするだけ
約10秒で1円など
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

アンケートに答えるだけ
約1分で3円など
マクロミルへ登録
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PR






RSSリンクの表示
QRコード
QR
blogram.jp
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。