大河ドラマと私が気になったこと(主にゲームや動画)について更新しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「八重の桜」 第22回、弟のかたき

大河ドラマ「八重の桜」。第22回、弟のかたき。
西国を抑えた新政府軍が、幕府の影響の残る東国に侵攻。
覚馬と三郎の話を聞いた八重は、怒り悲しむ。


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
ランキング参加中。応援してくださる方はクリック


松平容保、会津に帰る。

川崎尚之助は江戸から新しい軍制と山本覚馬・三郎の情報を
会津に持ち帰る。

山本家、三郎の討死と、覚馬が斬首されたらしいという話を聞く。
八重の施した刺繍入りの軍服が三郎の死を決定付ける。
まあ、誰のものも同じような軍服とか自分でフラグ立てておいて、
刺繍見て絶句って、1人芝居かw

その後、また白虎隊のメンバーに鉄砲を教える八重。
違う子を弟と重ねて三郎と呼んだり、三郎の仇を取ると
鉄砲抱えて走り出したりと情緒不安定。
居合わせた山川大蔵は三郎を目の前で死なせた責任を
感じたんじゃないだろうか・・・。
しかし、八重の三郎より自分の方が強い発言はどうかと思った。
死んだ三郎の侮辱にならんか?

尚之助が兵の訓練の指導役に。
軍制改革の指導者的な存在?
急な大出世ですね。
さすがにストーリー上の補正か?
佐川官兵衛は武闘派で偉そうなのが難点だが、
ああいう地味な訓練も前で引っ張っていってくれる
のは好感が持てる。

江戸城無血開城へ。
西郷吉之助勝海舟が交渉。
勝の暑い演技は良いね。
西郷は飄々としていて考えが読めないけど
最初に勝の話を聞いて動き出したこともあるし
話の通じない人ではないようですね。

その後、覚馬の書いた文も西郷の元へ。
そこに万国公法では~という文章が。
勝の場面で万国公法を出したのは、ここへのフラグだったか。
西郷は覚馬を思い出したのか価値ある人物と認めたのか
牢屋の覚馬の下へやってきて斬首を取りやめにする。
西郷と覚馬の場面、覚馬はもう視力が完全になくなって
しまったんですかね。
そして、紀行で覚馬の残した文が出ていました。
万国公法を出して説いたのは実話なんですねぇ。

しかし、会津には続々と反新政府の者達が集まる。
こうなっては見逃すわけにはいかない。
会津は戦いたい人達の拠り所になってしまったんですね。
こうなったら、もう戦うしかない。
そして西南戦争では西郷が逆の立場になるわけですねw


今回は、久しぶりに八重が主役らしく、出番の多かった回
だったのではないでしょうか。



次回は、会津を救え。
・・・残念ながら無理です。


blogram投票ボタン
ランキング参加中。応援してくださる方はクリック


関連記事

コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

八重の桜 第22回 弟のかたき

『弟のかたき』 内容 慶応四年二月。容保(綾野剛)は、僅かな供と会津へ向かった。 会津では、京や江戸より大勢の人が帰ってきていた。 そのなかには江戸で最新戦術を学んでいた尚...

【八重の桜】第22回 「弟のかたき」感想

八重(綾瀬はるか)の元へ、鳥羽・伏見の戦いで弟・三郎(工藤阿須加)と兄・覚馬(西島秀俊) が落命したとの知らせが届く。 三郎の遺髪や形見の衣服はあったが、覚馬の遺物は無

大河ドラマ「八重の桜」第22回

仇は、討つ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201306020005/ 八重の桜 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2013-05-30売り上げランキング : 142Amazon

大河ドラマ「八重の桜」信念の人22勝の江戸の人々を守るため西郷に万国共通の公法を解き覚馬も嘆願書で同様に訴え西郷の気持ちを変えさせた

大河ドラマ「八重の桜」第22話は新政府軍は旧幕府軍を倒すために江戸に兵を進めていた。その頃容保は会津に戻り、そこで軍備を整え始める。八重は三郎の形見を見ても信じられず ...

八重の桜 第22回「弟のかたき」〜両名とも山本家の男として恥ずるところはねえと存ずる

 ついに八重(綾瀬はるか)が主役として登場した感じですね。  その登場の仕方は、怒り、かたき、復讐といった負の感情。  今までののんびりムードはなくなり、荒ぶる戦いの化身

『八重の桜』第22回「弟のかたき」★Vシネマ顔の世良修蔵(小沢仁志)が怖すぎる!

『八重の桜』第22回「弟のかたき」 江戸の会津上屋敷。 会津にむけて出立する容保(綾野剛)が家臣団に「わしは今から国元に戻る。江戸引き揚げのこと、よろしく頼み入る。皆を置い

大河ドラマ「八重の桜」 #22 弟のかたき

朝敵になって帰る容保。 いよいよ会津での戦争が迫ります。 完全に逃げ帰る形になってますよね・・・。

八重の桜 第22回「弟のかたき」 銃を持って飛び出してはいけません

本日も、重い展開の「八重の桜」です。江戸から戻った尚之助さんから、兄・覚馬と弟・三郎が命を落としたと聞いても、すぐには受け入れられない八重さん。父・権八は、二人は武士の...

【八重の桜】第22回視聴率と感想「弟のかた...

「弟のかたき」第22回の視聴率は、前回の14.1%より下がって、13.3%でした。覚馬は、捕らわれて、牢で生きていましたが、四条河原で処刑されたと、山本家に伝わりました。三郎の戦死...

八重の桜 第22回「弟のかたき」

大河ドラマ『八重の桜』のお時間でございます。 あらすじ・・・・

戦い 〜八重の桜・弟のかたき感想〜

八重の弟・三郎の死は、尚之助から直々に伝わる。 皆々悲嘆にくれる一方、八重は最初は否定するものの三郎の死を受け入れ、仇を取る方法を尚之助に求める。 会津全体が朝敵となり

八重の桜 第22回 「弟のかたき」

○ 山本家 事態としてはすごく悲しいんだが、 これまでほとんど三郎に焦点を当ててなかったので、 あれだけじっくりと悲しみの時間をやられても、どうにも置いて行かれた。 ...

『八重の桜』 第22話 「弟のかたき」

覚馬と三郎の死の報せに悲しむ八重たち  「人違いだしぇ」  三郎の死を否定する八重。しかし、「どこにでもあるこんな軍服が三郎の物であるはずがねえ」とその否定の拠り所にしよ
Google 検索
ブログ内検索
カテゴリ
ユーザタグリスト
最新記事
その他リンク
同管理人の別サイト
 『センゴク絵巻


  ↓ 参加中のランキング ↓
● にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
● 人気ブログランキングへ
● blogram投票ボタン

● 
  季節 特集

プロフィール

漣 泉石

HN : 漣 泉石

性別 : 男

趣味 : ゲーム、スキー、日本史

好きな戦国武将 : 織田信長

好きなモンハンの武器 :
     ランス > 弓 > 大剣

無料でお小遣い稼ぎ

メールのURLをクリックするだけ
約10秒で1円など
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

アンケートに答えるだけ
約1分で3円など
マクロミルへ登録
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PR






RSSリンクの表示
QRコード
QR
blogram.jp
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。