大河ドラマと私が気になったこと(主にゲームや動画)について更新しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「八重の桜」 第12回、蛤御門の戦い

大河ドラマ「八重の桜」。第12回、蛤御門の戦い。
長州藩との武力衝突が起こる。


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
ランキング参加中。応援してくださる方はクリック


蛤御門の戦い
徳川慶喜会津藩他で長州藩を攻撃する。
しかし、長州藩の本隊はその攻撃をかわして御所へ向かった。
山本覚馬は、御所の門を守る鉄砲隊を指揮して、
迫り来る長州勢と戦う。

戦闘のシーンは控えめ。
門の前で武器を構えた兵を連れた大将クラスが
名乗ったりしてるし、去年の大河の平安時代くらいに
戻ったみたいなのんびり感。
その後、覚馬が相手の大将を狙い打ってたけど
そりゃぁ、そうなるだろうという感じで、
何だか間が抜けてるなぁ。
重火器による派手さはあったけど、人自体は少なめで
小規模な戦いに見えてしまった。

長州藩が優勢。
公家たちは弱気になって和睦案を出しますが、
孝明天皇は会津・・・というか松平容保を支持する
姿勢を崩しませんでした。
何という信頼!
というか、今更 態度変えても遅いですからねぇw
どうせ、また傀儡に逆戻りするだけだし。

薩摩藩が会津藩などに援軍により長州藩は敗北。
西郷吉之助、登場!
ごめん、前にどんな場面で出てきたかは覚えてなかった・・・
覚馬と顔見知りだった経緯が思い出せない。
そして、なぜか大怪我した覚馬。
今後、何かあるのか?

池田屋に続いて、また多くの者を失った長州は、
更に会津・薩摩へ憎しみを募らせる。
ちょろちょろと現れる桂小五郎
潜入と逃亡が十八番になってますねw
京の大火に紛れ、子供と一緒に泣く。


一方、会津では八重にまたも婚姻話。
お相手は川崎尚之助
ついに、きましたね。
覚馬が手紙で送ってきたそうな。
京が大変な時期に、会津の家族の心配もしていた覚馬。
えらい。

八重は断固として反発!
7年も暮らしてきて兄と思っていた人を夫とは考えられない!
しかし、尚之助と話して、尚之助も断るつもりだった
と聞かされて、何だか複雑な心境w
尚之助も八重が嫌がってるかもと思って言ったんだろうけどねw
いいですね。少し女らしい八重の場面でした。
もやもやした気持ちで八つ当たりされた弟・三郎は災難でしたがw
怖い姉を持った弟君は辛いw

京での戦い勃発を聞き、覚馬を心配する家族一同。
そこへ尚之助がうまい言葉で雰囲気を和ませる。
尚之助は、うまいこと存在感をアピールしましたね。
しかし、京の情報を居候でしかない尚之助が持ってきた
ことには少し違和感がありましたよ。



次回は、鉄砲と花嫁。
八重と尚之助、ついに結婚か。
しかし、タイトルの「鉄砲と花嫁」。
どちらを選ぶかと聞かれたら尚之助は何と答えるかな?w
・・・っと、そういう話ではないですがね。
あと、「鉄砲が花嫁」だとすごいボッチ感で笑える感じにw
・・・っとと、何か思考が暴走している。
今回は、これまで!


blogram投票ボタン
ランキング参加中。応援してくださる方はクリック


関連記事

コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【八重の桜】第12回 「蛤御門の戦い」感想

1864年7月、長州が洛中(らくちゅう)へ兵を進め「蛤御門の戦い」が始まった。 慶喜(小泉孝太郎)や容保(綾野剛)が率いる幕府軍は劣勢を強いられるが、覚馬 (西島秀俊)や大蔵(...

大河ドラマ「八重の桜」第12回

覚馬、負傷… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201303240004/ 八重の桜 二山本 むつみ 五十嵐 佳子 NHK出版 2013-03-26売り上げランキング : 9385Amazonで詳しく見る...

八重の桜 第12回「蛤御門の戦い」〜西洋学問をしても家を焼かずに済むいくさのやり方はわからない

 蛤御門の変〜会津VS長州。  作品はこの両者以外の第三の視点も描く。  それは庶民の視点だ。  焼け出された人たち  親を失った子供たち  食べ物を乞う人たち    このように

八重の桜 第12回 「蛤御門の戦い」

● 結婚を嫌がるというお約束 女主人公は親の決めたお見合いを嫌がる、否定的に描く…というのがデフォですが 別に決まり事にしなくてもいいと思うんだけどな。 女主人公モ

『八重の桜』第12回「蛤御門の戦い」★カッコイイ西郷(吉川晃司)が「ご加勢つかまつる」

『八重の桜』第12回「蛤御門の戦い」 藩士・来島又兵衛(関戸将志)率いる長州勢と、蛤御門を警固する林権助(風間杜夫)や覚馬(西島秀俊)ら会津勢がついに対峙。 来島「鉄砲隊、前

八重の桜 第12回 蛤御門の戦い

『蛤御門の戦い』 内容 元治元年。 京へと迫る長州軍を会津藩を中心とした幕府軍は、迎え撃つ準備を進めていた。 そのころ会津では、権八(松重豊)が、ある事に頭を悩ませていた。...

大河ドラマ「八重の桜」信念の人12八重に尚之助との縁談も八重は断り長州軍の京都攻撃に一時助勢になるも薩摩軍の加勢で盛り返し京都を死守した

大河ドラマ「八重の桜」第12話は長州軍が京都御所を攻めてきた。これに幕府軍は対抗し京都御所を守るが見通しが甘く京都御所まで長州軍は迫り一時守りが手薄になるも覚馬の奮闘 ...

大河ドラマ「八重の桜」 #12 蛤御門の戦い

ついに会津、薩摩と長州の激突です。

【八重の桜】第12回プチ感想と視聴率「蛤御...

「蛤御門の戦い」今日は、満月のはずでしたが、天気が悪くて見えませんでした(^^;)とても寒いです。第12回の視聴率は、前回の14.3%より下がって、13.9%(関東)でした。まさか...

八重の桜 - 2013年大河ドラマ 綾瀬はるか

2013年大河ドラマ「八重の桜」 日曜 NHK 2013年1月6日 - 12月(予定)(50回) [キャスト] 綾瀬はるか 西島秀俊 長谷川博己 松重豊 風吹ジュン 長谷川京子 工藤阿須加 黒木メイサ...

八重の桜 - 2013年大河ドラマ 綾瀬はるか

2013年大河ドラマ「八重の桜」 日曜 NHK 2013年1月6日 - 12月(予定)(50回) [キャスト] 綾瀬はるか 西島秀俊 長谷川博己 松重豊 風吹ジュン 長谷川京子 工藤阿須加 黒木メイサ...
Google 検索
ブログ内検索
カテゴリ
ユーザタグリスト
最新記事
その他リンク
同管理人の別サイト
 『センゴク絵巻


  ↓ 参加中のランキング ↓
● にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
● 人気ブログランキングへ
● blogram投票ボタン

● 
  季節 特集

プロフィール

漣 泉石

HN : 漣 泉石

性別 : 男

趣味 : ゲーム、スキー、日本史

好きな戦国武将 : 織田信長

好きなモンハンの武器 :
     ランス > 弓 > 大剣

無料でお小遣い稼ぎ

メールのURLをクリックするだけ
約10秒で1円など
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

アンケートに答えるだけ
約1分で3円など
マクロミルへ登録
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PR






RSSリンクの表示
QRコード
QR
blogram.jp
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。