大河ドラマと私が気になったこと(主にゲームや動画)について更新しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「平清盛」 第47回、宿命の敗北

大河ドラマ「平清盛」。第47回、宿命の敗北。
石橋山の戦い~富士川の戦い。
源氏側の方が見所満載になってきた第47回。


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
ランキング参加中。応援してくださる方はクリック

源頼朝が、伊豆目代の山木兼隆を討ち挙兵した。
この知らせに、清盛は孫の平継盛を総大将、伊藤忠清を軍師とした。
軍師って表現にスルーできない違和感を感じた。
軍師は自分で軍を率いない人だと思ってるし、架空職だと思ってるから。
後の場面では侍大将と言われてるし、どっちなんだか・・・

一方、頼朝は石橋山の戦いで惨敗。
数名で洞窟の中に隠れている所を梶原景時に発見されるも見逃してもらう。
梶原景時、登場ですか。
源義経のストーリーでは毎度悪役で有名ですねw
初めは平家方だったんですね。

義経は頼朝の元へ馳せ参じようとするが、藤原秀衡は反対。
武蔵坊弁慶の機転で武勇を示し、共をつけて参じることを許される。
何か茶番ですねw
この展開で許したんなら、秀衡は軍勢を義経に与えるはずでしょ。
そうしなかったんだから、やはり本来はこんな展開ではなかったはず。
あと、このドラマの弁慶はお茶目な役すぎて私のイメージではない。

頼朝の下に、続々と源氏が集結。
二千騎を率いてきた上総広常が頼朝を侮った態度をしたのに対し、
頼朝がビシッと言ってやったシーンは良かった。
このドラマでは清盛のライバルだった義朝の後継者ポジションだから、
義経より頼朝に期待しております。

義経は放っておいてもどうせ良い風にしか描かれませんからねw
頼朝は鎌倉を本拠地として武士の世を目指す宣言をする。
いいですね。士気が高まりそうです。

富士川の戦い
甲斐源氏・武田信義が合流。
甲斐源氏に武田とくれば、有名なあの武田ですよねw
(後で調べたら初代だった!うれしい無駄知識GET!w)
武田信義は奇襲をかけることを提案。
一方、平家側は散々。
継盛と忠清の意見が合わない上に兵糧不足で
大半の兵がすでに逃亡している有様だった。
継盛は士気向上のために遊女を入れ、軍規も乱れる。
そこへ、源氏が川を渡ろうとしたことに驚いた水鳥が
一斉に飛び立ち、その音で奇襲を知った平家方は驚き混乱して、逃亡する。
こうして戦わずして源氏の勝利となった。
有名な武士じゃなくなった弱い平家を表す場面。
まあ、実際戦う前から勝ち目のない兵力差だったみたいですね。

敗北の報を聞いた清盛は大激怒。
忠清が死をもって償うと言うと、それが当然とばかりに応じる。
前回で闇から抜け出したと思った清盛だが、やはり昔からは変わったままだ。
忠清、最後の忠言。
清盛は武士の世を目指してきた。
しかし、その道の過程において平家は武士ではなくなってしまった。
もはや、清盛の作る世は武士の世ではなくなってしまっていたのだ!
信じて進んできた道が誤りだったのか・・・?
清盛の目にも、忠清の目にも涙。
良いシーンだった。

・・・・・・この後、斬り殺そうとしなければねw

忠清を斬ろうとした清盛は剣を振り上げるもひっくり返ってしまう。
甦る父・平忠盛との思い出。
清盛は、心の軸の定まった武士ではなくなった自分を痛感する!?


次回は、幻の都。
遷都を諦めるのか?


blogram投票ボタン
ランキング参加中。応援してくださる方はクリック


関連記事

コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【平清盛】第47回 「宿命の敗北」感想

頼朝(岡田将生)の挙兵を知った清盛(松山ケンイチ)は、孫の維盛(井之脇海)を 総大将として追討軍を派遣。 一方、数万に膨れ上がる源氏軍は西へ兵を進め、両軍は富士川を挟ん

大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男47頼朝討伐に軍を送るも既に平家は武士じゃなくその現実に清盛は崩れるのだった

大河ドラマ「平清盛」第47話は頼朝は挙兵し各地を転戦したものの石橋山の合戦で敗走したが九死に一生を得た。その頃清盛は頼朝の挙兵に激怒し維盛を総大将として追討軍を派遣す ...

『平清盛』 第47回「運命の敗北」

JUGEMテーマ:大河ドラマ 治承四年(1180年)の九月、清盛は頼朝の挙兵を受け、出陣を命じました。大将は、重盛の長男の維盛です。そのころ頼朝は、石橋山の合戦に敗北しました

『平清盛』 第47話「宿命の敗北」

「平家はもはや、武門ではござりませぬ。  殿御自身、もはや武士ではございませぬ。  殿が目指した武士の世は、武士のままでは掴めぬものにござりました」 忠清の命懸けの言葉が清...

平清盛 第47回 宿命の敗北

『宿命の敗北』 内容 頼朝(岡田将生)の挙兵。その一報を知った清盛(松山ケンイチ)は、 高倉上皇(千葉雄大)の名の下、孫・維盛(井之脇海)を総大将に 頼朝追討を命じる。 一

大河ドラマ「平清盛」第47回

清盛、よろける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201212020003/ NHK大河ドラマ 平清盛 完全版 Blu-ray-BOX 第弐集ジェネオン・ユニバーサル 2013-03-06売り上げラ...

平清盛 第47回 「宿命の敗北」〜平家はもはや武門ではございません!

 自分がやってきたことが否定されるって、つらいことでしょうね。  清盛(松山ケンイチ)は否定される。  忠清(藤本隆宏)は命を賭して、最期の忠告をする。  まずは水鳥の音に...

「平清盛」第47話。

「平清盛」第47話の感想です。最終回まであともうちょっと…寂しいのう。

平清盛 第47回「宿命の敗北」

今週も大河ドラマ『平清盛』のお時間です。 あらすじ・・・・・

平清盛 第47回 「宿命の敗北」

武士とは勝つことじゃ! 勝ち続けることじゃ!! そう言って暴走し続ける主人公を、擁護皆無に描くという凄い事態なんですが これは何を描いてるのかなぁ。 大河ドラマや時...

大河ドラマ「平清盛」第47話

第四十七回「宿命の敗北」 視聴率10.8%  
Google 検索
ブログ内検索
カテゴリ
ユーザタグリスト
最新記事
その他リンク
同管理人の別サイト
 『センゴク絵巻


  ↓ 参加中のランキング ↓
● にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
● 人気ブログランキングへ
● blogram投票ボタン

● 
  季節 特集

プロフィール

漣 泉石

HN : 漣 泉石

性別 : 男

趣味 : ゲーム、スキー、日本史

好きな戦国武将 : 織田信長

好きなモンハンの武器 :
     ランス > 弓 > 大剣

無料でお小遣い稼ぎ

メールのURLをクリックするだけ
約10秒で1円など
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

アンケートに答えるだけ
約1分で3円など
マクロミルへ登録
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PR






RSSリンクの表示
QRコード
QR
blogram.jp
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。