大河ドラマと私が気になったこと(主にゲームや動画)について更新しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「平清盛」 第41回、賽の目の行方

大河ドラマ「平清盛」。第41回、賽の目の行方。
建春門院滋子の急死。
それにより、清盛と後白河法皇の双六遊びは新たな局面を迎える。


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
ランキング参加中。応援してくださる方はクリック

建春門院滋子の死により平家と後白河法皇を繋ぐのは、
高倉天皇の后となっている清盛の娘・徳子になりました。
しかし、待望される皇子の誕生の様子はありません。

これに対して、最初に動いたのが後白河院。
仏門に入っていた2人の息子を呼び戻し、高倉天皇の養子としました。
これは時期天皇候補であり、このどちらかに譲位されると平家に縁のない
天皇となります。
まず後白河院が平家の力を削ぐ下準備をしたわけですね。

これに対して清盛は、平重盛を後白河院に遣わして平家の忠誠心を
示させますが、うまくいきませんでした。
また、後白河院が千僧供養のために福原に来た際に、もう2度とここへは
来ないと、決別宣言のようなことを言われます。
清盛は歩み寄る姿勢を見せましたが、拒否されました。
これにより、清盛は後白河院を立てるのをやめて、
自分自身が上に立つために動き出します。
それを裏から支えるのが、前に親交を深めていた比叡山の僧・明雲です。
いまいち明雲が清盛に協力する理由がわかりません。

後白河院の側近・西光の息子・師経が加賀の寺と事件を起こします。
その寺が比叡山と繋がりがあり、明雲は西光の2人の息子を流罪にするよう
強訴を起こします。
後白河院は平家に強訴を止めるよう命令し、重盛はそれを受けます。
何か前にも見たダメな流れ・・・
そして、結果は神輿に矢が刺さりまくる大惨事に!
強訴が悪化して、西光の息子の流罪が決まる。
こういう自分に関わりがないときだけ自慢顔の目立つ摂関家w
一応、議会的な場所では官位の力がありますw

重盛は神輿に矢を射た失態を清盛に報告しに来ますが、
清盛はよくやったと一言。
いつの間にか方針を変えていた清盛に重盛は唖然。
確かに状況により方針は変わるものだが、京での実権を握っている
重盛に連絡なしで、後からうまくいったと種明かし。
事件も清盛の画策だし、流罪も計画通りって、
重盛を騙して何かメリットあんの?
何か妙に大物ぶった態度にもイラッ。

後白河院は清盛が自分の力を削ぎにきたと言い、
西光と藤原成親は悔しがります。
いや、先に仕掛けたのはアンタ方だからね。
何か摂関家が禿にやられた時もそうだったけど、
公家の方達は自分達は大丈夫と、変な高をくくっている気がする。
で、やられてから気付く・・・
遅すぎやが・・・・・・


源氏。
源頼朝北条政子の関係に少しずつ変化が。
とりあえず話はできる仲になった?
今回良かったのが、やっと具体的な不満が出てきたこと。
派手なイベントが続き、度重なる租税による不満が。
ぉぃ・・・平家ご自慢の財力はどこ行った?w
民から取ってたんかよw
地方武士の不満ってか農民の不満だが、地方の小領主ならそんなもんか。
まあ、これではまだ立ち上がるには弱く、清盛の強さが勝っている状況です。
しかし、こうして何かある度に、地方の不満も出していけば、
頼朝が立つ時にはいい感じになっているのかな?
武蔵坊弁慶から自分の出生を聞いた遮那王
出家を拒み、迷っています。


次回は、鹿ヶ谷の陰謀。
さて、久しぶりの大事件か。


blogram投票ボタン
ランキング参加中。応援してくださる方はクリック


関連記事

コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『平清盛』 第41回「賽の目の行方」

JUGEMテーマ:大河ドラマ 滋子の死は、後白河法皇と清盛のあやうい協調関係を変えました。1177年、後白河法皇は福原を訪ねたおり、「もうここへは来ない」と清盛に告げます。こ

平清盛 第41回 「賽(さい)の目の行方」

頼朝は今まで死んだようだったのに、蜘蛛切をきっかけに、政子に自分と父親のことを語り始める。 それでも源氏の御曹司か!と政子から叱咤される頼朝。 日々何も変わらないこと

【平清盛】第41回 「賽(さい)の目の行方」感想

鹿ヶ谷の陰謀編・前編! 法皇近臣の西光(加藤虎ノ介)の息子を巡り、比叡山が強訴に踏み切った事件をきっかけに、 清盛(松山ケンイチ)と後白河法皇(松田翔太)の対立は決定的

大河ドラマ「平清盛」第41話 

第四十一回「賽の目の行方」   

平清盛 第41回「賽の目の行方」

今回の内容は完全に平清盛と後白河院のそれぞれの静かなる戦いに終始します。直接それをいうことはせずに、あえて賽の目という今まで比喩的に使っていたものを全面に出して話を進め...

平清盛 第41回 賽の目の行方

『賽の目の行方』 内容 清盛(松山ケンイチ)たち平家一門と後白河法皇(松田翔太)を繋げていた、 建春門院滋子(成海璃子)が急死する。 と同時に、法皇の平家への態度はガラリと

平清盛 第41回 賽の目の行方

『賽の目の行方』 内容 清盛(松山ケンイチ)たち平家一門と後白河法皇(松田翔太)を繋げていた、 建春門院滋子(成海璃子)が急死する。 と同時に、法皇の平家への態度はガラリと

大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男41この時を待っていた!清盛はついに後白河法皇を失脚させるための行動を始めた

大河ドラマ「平清盛」第41話は滋子を失った事で均衡が破れた清盛と後白河法皇はそれぞれ戦力を削ごうと策略を繰り広げる。後白河法皇が官位で冷遇すれば、清盛は比叡山と手を組 ...

大河ドラマ「平清盛」第41回

いざという時が、やって来た… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201210210003/ 平 清盛 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-10-30売り上げラ...

「平清盛」第41話。

「平清盛」第41話を見ました。だんだん源氏パートの場面が増えてますね…終わりが近づいてると思うと寂しいなぁ。

平清盛 第41回「賽の目の行方」〜賽の目はめまぐるしく変わるものぞ、上がりじゃ!

 清盛(松山ケンイチ)は、<賽の目を自由に出せる>ようになったようである。  西光(加藤虎ノ介)の息子たちに対する強訴。  結果、息子たちは流罪、西光の発言力は弱まり、後

【平清盛】第41回視聴率と感想「賽の目の行...

【第41回の視聴率は、10/22(月)追加予定】「賽(さい)の目の行方」今回は「賽の目の行方」という副題ですが、内容は、鹿ヶ谷の陰謀編・前編です。次回の副題が「鹿ヶ谷の陰謀」で...

平清盛 第41回「賽の目の行方」★政子(杏)「立ち上がれ源氏の御曹司!」

『平清盛』第41回「賽の目の行方」 今回も、これまでと同じようなことの繰り返し・・・。 −◆− 高倉天皇の中宮で清盛の娘・徳子(二階堂ふみ)が皇子を産むことを願う平清盛は

大河ドラマ「平清盛」 #41 賽の目の行方

いよいよ鹿ケ谷の陰謀へ。
Google 検索
ブログ内検索
カテゴリ
ユーザタグリスト
最新記事
その他リンク
同管理人の別サイト
 『センゴク絵巻


  ↓ 参加中のランキング ↓
● にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
● 人気ブログランキングへ
● blogram投票ボタン

● 
  季節 特集

プロフィール

漣 泉石

HN : 漣 泉石

性別 : 男

趣味 : ゲーム、スキー、日本史

好きな戦国武将 : 織田信長

好きなモンハンの武器 :
     ランス > 弓 > 大剣

無料でお小遣い稼ぎ

メールのURLをクリックするだけ
約10秒で1円など
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

アンケートに答えるだけ
約1分で3円など
マクロミルへ登録
カレンダー
08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PR






RSSリンクの表示
QRコード
QR
blogram.jp
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。