大河ドラマと私が気になったこと(主にゲームや動画)について更新しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「平清盛」 第37回、殿下乗合事件

大河ドラマ「平清盛」。第37回、殿下乗合事件。
清盛は福原で日宋貿易の話を進める。
一方、京では事件が発生。
何か今回もすっきりしない話・・・


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
ランキング参加中。応援してくださる方はクリック

宋との交易の窓口を福原に変えようとする清盛は、
宋の要人を招くために親交のある宋の商人に話を通す。
また、宋への土産を用意することになる。

その土産として選んだのが金(きん)。
しかし、清盛の領地で金が取れる場所はなく、
金を持っているというと、まさしく金で勢力を築いた奥州・藤原氏だ。
朝廷から独立した組織となっている奥州を取り込むため、
清盛は奥州の主・藤原秀衡を鎮守府将軍という地位に推薦する。
こうして関係を得た清盛は金を手に入れる。
秀衡、清衡の顔見せ。
清衡まで出すなんて、このドラマはどこまでやる気なんだろうか?

国と国の交易をするためには後白河法皇を動かす必要があった。
そこで一芝居うったのが平時忠
今回初めてまともな活躍をした気がするw
口だけながら、その口を活かした芝居で、後白河の興味を引き、
福原で宋の使者と会う約束を取り付ける。
やっぱりドラマでは、清盛との対決ムードが早すぎて、
こういう時に行動との矛盾が多いですね。
面白いから敢えて話に乗ってやるとか、かなり苦しいw
実際、清盛と後白河は協力関係も目立ちますからね。
まあ、この時期の清盛にライバルなんていないんで、
ドラマ的に面白さを保つための敵役なんでしょうけどね。

殿下乗合事件
平重盛の子・資盛が鷹狩りの帰りに摂政・藤原基房の車列と鉢合わせする。
基房は、車から降りない資盛に対して車から引きずりおろすなどして辱める。
これに対して平家の皆は怒りを覚えたが、重盛は摂政に対して降りて
道を譲らなかった資盛が悪いとして、基房側を咎めることはなかった。

これを聞いた清盛は、重盛らしい公明正大な判断としつつも、
時忠が正しすぎて間違いと言うように不満であったようだ。
あとで、暗に時忠に報復を示唆する。
正しすぎて間違いとか・・・・・・
臨機応変な対応が必要ということかね。

時忠の密命により、基房の車列が襲撃される。
これを重盛の報復と思った基房や他の公家は恐れおののく。
藤原兼実だけは重盛が関わってなかったことに気付いたみたい。
いつも他の公家衆よりは察しがいいな。

平家一門も重盛がやったと思って大満足。
大団円で終わるが、重盛だけは自分の判断が間違っていたのかと
妻の経子の前で悔し涙を流す。

まあ、最近の流れの通り、重盛が可哀想なことになっています。
一門の棟梁としての重圧。
そして、頑張って勉強したりしているのに判断を誤ってしまった。
相手の方が身分が高く、ましてや摂政であれば自分が道を譲るのが
当然だというのは間違っていないと思います。
そして、清盛の孫という地位で調子に乗っている資盛にも腹が立ちます。
このクソガキには、しっかり説教した方がいいと思いますw
しかし、今回問題だったのが、相手が基房だということ。
関白の地位に胡坐をかいているだけの、こちらが下手に出れば
調子に乗ってしまう困った人です。
なので平家として毅然とした態度を取るのが正解となったのでしょう。
ただし、やはり自分は重盛タイプなのか、納得できる内容ではありません。
抗議ではなく、正体を伏せて襲撃というやり方で喜んでしまう平家は問題だと思います。
まあ、これが調子に乗っているということでしょうか。


ということで次回は、平家にあらずんば人にあらず。
調子に乗ってます。
平家の最盛期。というか、時忠の最盛期・・・かもしれない。

最後に、源頼朝が久しぶりに少し感情を表しました。
そろそろ動きが出てくるのかな?


blogram投票ボタン
ランキング参加中。応援してくださる方はクリック


関連記事

コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

平清盛 第37回 殿下乗合事件

『殿下乗合事件』 内容 福原に移り住んだ清盛(松山ケンイチ)は、宋との貿易を本格化させようと、 大輪田泊の整備を開始する。 やがて博多より周新(桜金造)を招き、宋との仲立ち

【平清盛】第37回

1170年、清盛(松山ケンイチ)は後白河法皇(松田翔太)を福原に呼び、宋人と会わせる。 治天の君が京を離れ、外国人と会うという前代未聞の行いに、貴族たちは驚がくする。 そんな

大河ドラマ「平清盛」第37話 

第三十七回「殿下乗合事件」   

「平清盛」第37話。

「平清盛」37話を見ました。世代交代って難しいね〜の巻。

平清盛 第37回 「殿下乗合事件」

平家が力を増して面白くない基房。 女車に乗った重盛の子・資盛が基房から屈辱的な目にあう。 しかし重盛は武力でやり返そうとしない。 それを力でやり返してしまうのが清盛に

大河ドラマ「平清盛」第37回

父上には、なれない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209230004/ 平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-05-30売り上げラン...

平清盛 第37回「殿下乗合事件」〜私が間違っていたと申すか。私は父上にはなれぬ……

 政治というのはドロドロしたものなんですね。  摂政・藤原基房(細川茂樹)には報復まがいの脅し。  藤原秀衡(京本政樹)には官職。  アメとムチを使い分け、ダーティなことに...

【平清盛】第37回視聴率と感想「殿下乗合事...

【第36回の視聴率は、9/24(月)追加予定】「殿下乗合事件」奥州の藤原秀衡役の京本政樹さん、化粧、ちょっと濃すぎでは?(^^;)まるで宝塚みたいでした(^^;)平家の皆さん、...

『平清盛』 第37話「殿下乗合事件」

 清盛の孫と摂政・藤原基房の御輿が睨みあい。  筋としては摂政を立てるべきで、清き心、正しき心の重盛は摂政の顔を立てようとする。  基房もその重盛の性格を考えた上で、御輿

貴族のねたみ ~平清盛・殿下乗合事件感想~

日宋の貿易を本格的に行おうとする清盛。 それには金が必要と考え、金の多い奥州の藤原秀衝を鎮守府将軍に懐柔したりと、やることやってる。 続いて時忠に頼んで後白河法皇を懐柔

『平清盛』 第37回「殿下乗合事件」

JUGEMテーマ:大河ドラマ清盛は、しだいに日宋貿易を本格化させます。このため、後白河法皇を福原に招き宋の使者と面会してもらうことに。法皇が京を抜け出して外国人と直接会うなど

「平清盛」 第37話「殿下乗合事件」

福原で貿易を開始するために 宋の権力者を懐柔すべく画策する清盛-- まずは献上品作戦にて福原に呼び寄せることに成功。 珍しもの好きの法皇をも赤い鳥の羽で呼び寄せて--- 2人の

大河ドラマ 「平清盛」 #37 殿下乗合事件

清盛のあと、重盛がしきる平家。 でもいろいろゴタゴタがあるようで…。 そして藤原秀衡登場。

平清盛、主犯は重盛!!

殿下乗合事件(でんかのりあいじけん) 後の人がこう名付けたのでしょうが、何とも安直な呼び名です。 殿下とは摂政・藤原基房のことですね。 乗合とは一般的には不特定多数の人が同

平清盛 第37回「殿下乗合事件」

今週も一日遅れで 大河ドラマ『平清盛』のお時間です。 あらすじ・・・・・・
Google 検索
ブログ内検索
カテゴリ
ユーザタグリスト
最新記事
その他リンク
同管理人の別サイト
 『センゴク絵巻


  ↓ 参加中のランキング ↓
● にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
● 人気ブログランキングへ
● blogram投票ボタン

● 
  季節 特集

プロフィール

漣 泉石

HN : 漣 泉石

性別 : 男

趣味 : ゲーム、スキー、日本史

好きな戦国武将 : 織田信長

好きなモンハンの武器 :
     ランス > 弓 > 大剣

無料でお小遣い稼ぎ

メールのURLをクリックするだけ
約10秒で1円など
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

アンケートに答えるだけ
約1分で3円など
マクロミルへ登録
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
PR






RSSリンクの表示
QRコード
QR
blogram.jp
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。