大河ドラマと私が気になったこと(主にゲームや動画)について更新しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「平清盛」 第31回、伊豆の流人

大河ドラマ「平清盛」。第31回、伊豆の流人。
ドラマは第三部へ。
今回も非常にいい内容でした。
まあ、題名が例によって合ってないのはともかく、
今回のポイントは、怖い人としての清盛後白河との対立の始まりですかね。


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
ランキング参加中。応援してくださる方はクリック

伊豆の流人・源頼朝の近況です。
おとなしく写経などしております。
たまに、北条時政が野菜を持ってきたりw
イメージが全然違うなー。
私の中の時政はもっとドス黒いイメージです。
あと、清盛から使わされた目付けの伊東祐親
何か聞いたことある名前な気がする・・・
(後でWiki見ましたが、頼朝関係のストーリーで見たか別人との勘違いですね・・・)

福原京の構想。
兎丸と楽しそうに貿易の話をする清盛。
清盛が明るい表情を見せる数少ない場面。
その楽しい夢に向かうは修羅の道。

二条天皇後白河上皇
お互いに敵対し、我が子を次の帝にしようと画策。
政治に参加できない後白河は、平家の協力もあって蓮華王院を建設。
二条天皇に見せつけようとするが、二条天皇は見に行かなかった。
蓮華王院。現代の三十三間堂です。

平重盛、参議に昇進。
平頼盛は平家で3番手に。まあ、平家の嫡男だし仕方ないよね。
重盛は、二条天皇に父である後白河上皇と仲良くするように進言して却下される。
清盛は大激怒するが、皆が思い出すのは鳥羽帝崇徳帝を仲直りさせようとした清盛の姿。
ああ、清盛の方が重盛よりも遥かに甘ちゃんだったよねw
しかし、そんなことを言えるのも平盛国くらいになりました。
それくらい周囲から見て怖い存在になった清盛です。
一方、平宗盛・知盛・重衝には優しい面も見せる清盛。
厳しく接する重盛との差をどう見るか・・・

二条天皇、崩御。
次の天皇に幼い息子を据えての崩御。
公卿らが弔問に訪れる中、突如として大仰な音と共に
悪僧を連れ立った後白河上皇が登場。
毎度、派手な登場と笑いが十八番やねw
しかし、少し悲しみも含む高笑いか?
後白河と悪僧達が仲良しなのが不思議だが・・・
その後白河に清盛が真っ向から対立!
周りに大勢いる中で大丈夫なのかと思ったが後白河派はいないか。
後白河、すごすごと退場ww
登場時は周囲を圧倒して絶好調だったが、あの中で帰らされるの恥ずかしーw
最後に、朝廷を清盛の好きにはさせない。騙されるところであったと一言。
この一言で、その場の対面を少し保ったのと、対立へ向かう姿勢を表した。
滋子がいるから対立にはまだ時期が早いと思うけど・・・

重盛の決意。
清盛が目指す世を作るのを支える!
自己主張して、意見を対立させ、何度も怒られながらも
清盛を支える決意をする重盛。
かっこいい!
重盛を主役にしてあげたい!
しかし、主役になれないことは知っている・・・むむむ・・・・・・

清盛が大納言に昇進。
しかし、そんな中、池禅尼が亡くなります。
最後に一族の皆が見守る中、安らかに・・・
最後まで不要な一言を言うんじゃないかとドキドキさせる
そんな人でしたw


内裏の警備をしていた伊東祐親は清盛が怖い人物だと思い知ります。
しかし、地元では罪人の頼朝と娘ができているのでした ^ ^ ;


次回は、百日の太政大臣。
今回はタイトルが頼朝なのに出番は少なめ。
次回はタイトルが清盛だけど頼朝に大事件が?
まあ、時間配分は清盛メインでいいんだけどね。

<注>次回放送は、8月19日です。


blogram投票ボタン
ランキング参加中。応援してくださる方はクリック


関連記事

コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【平清盛】第31回

1164年、伊豆・蛭ケ小島。そこに18歳に成長した源義朝の子・頼朝(岡田将生)がいた。 5年前、清盛(松山ケンイチ)によって流罪となった頼朝はここに流され、家人の藤九郎 (塚本高

大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男31清盛は崩御した二条天皇の遺言を受け継ぎ朝廷で大きく権力を握り出すも後白河上皇との対立は強くなった

大河ドラマ「平清盛」第31話は伊豆に流された頼朝は幽閉生活から5年の月日を経ていた。この時の頼朝は清盛の政治を遠くから眺めている事しかできなかった。一方清盛は朝廷の中で ...

『平清盛』 第31回「伊豆の流人」

JUGEMテーマ:大河ドラマ長寛二年(1164年)、伊豆の蛭ヶ小島に流されていた頼朝は、静かに蟄居していました。監視役の豪族で、伊豆に勢力をもつ伊東祐親は、この流人を厄介者あつかい...

平清盛 第31回 「伊豆の流人」

フハハハハハって!!!!!!!!!!!笑 暴走族みたいだったな~~、最後の乱入… 毎度終わり頃に盛り上げてくれる。 後白河上皇、結婚して大人になったのかとおもいきや、こ...

「平清盛」第31話。

オリンピック見るのに忙しくて、感想書くのが遅くなったぜ…

平清盛 第31回「伊豆の流人」

今回は、題名の上からも頼朝に注目されまくりの内容になるかと思いきや、平氏の様子、朝廷の様子も含めてバランスいい配分であったような気がします。ただし、前回からの前振り的な...

大河ドラマ「平清盛」第31話

第三十一回「伊豆の流人」   

大河ドラマ「平清盛」第31回

清盛、大納言に… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201208050004/ 平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-05-30売り上げランキン...

大河ドラマ 「平清盛」 #31 伊豆の流人

流石に先週の件があるから、延長はせず行うんですね、今週は。 さて第3部です。源氏の反撃が始まります。 岡田頼朝も本格登場です。 オープニングも清盛の弓のシーンが、舞をさす

平清盛 第31回「伊豆の流人」〜赤子にこの国を託すことなど出来ぬ!

 後白河上皇(松田翔太)とつかず離れずの一定の距離をとっていた清盛(松山ケンイチ)。  しかし今回、敵対宣言! 「手のかかる厄介な赤子にこの国を託すことなど出来ぬ!」  す...

平氏と源氏 ~平清盛・伊豆の流人感想~

平氏が清盛とその嫡流を中心にとんとん拍子に出世していく。 表向きは華やかだけど、頼盛のように不満を持つ人間もいるようで・・・。 やはり清盛が本当の平家の血をひいてないか

平清盛 第31回「伊豆の流人」★松田翔太「危ない、危ない、だまされるところだった」

『平清盛』第31回「伊豆の流人」 華々しく第三部が開幕・・・というのは嘘で〜す。 あまり華々しくありません。 二条天皇の葬儀に後白河上皇(松田翔太)が悪僧集団を引き連れて...

『平清盛』 第31話「伊豆の流人」

「まるでお若き頃の殿のようでございましたなぁ、重盛さまにございまする」 「ふん、わしはあのように青臭うはなかった」 「は?…はははは、これはこれは」 「なんじゃ!」 「いえ

平清盛 第31回「伊豆の流人」

今週も大河ドラマ『平清盛』のお時間です。 あらすじ(ロングバージョン)・・・・・・

平清盛、絶やしてはならぬものとは??

白河法王と崇徳上皇の争い、親子の溝を埋める為に躍起になっていた清盛、 その子・重盛も後白河上皇と二条天皇の争いを止めるのに必死になっている ようですが、人も違えば時代も

平清盛13 伊豆の流人

第31回 2012.8.5放送予定 「伊豆の流人」 1164年、伊豆・蛭ケ小島。そこに18歳に成長した源義朝の子・頼朝(岡田将生)がいた。5年前、清盛(松山ケンイチ)によって流罪となった頼朝は

平清盛14「絶やしてはならぬ」

池禅尼がついに亡くなってしまいましたね。 彼女の「断じて絶やしてしはならぬ」は清盛に向けて言ったのか、頼盛へのことばだったのか。。。。 彼女は何を絶やしたくなかったので...

「平清盛」31 ☆☆☆

やだ、いいじゃない!! しばらくリタイア気味だったのですが、面白くなってきたと聞いてここ何話か見ています。 小汚かった清盛もさすがに出世して凛々しく、父親らしい威厳も漂 ...
Google 検索
ブログ内検索
カテゴリ
ユーザタグリスト
最新記事
その他リンク
同管理人の別サイト
 『センゴク絵巻


  ↓ 参加中のランキング ↓
● にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
● 人気ブログランキングへ
● blogram投票ボタン

● 
  季節 特集

プロフィール

漣 泉石

HN : 漣 泉石

性別 : 男

趣味 : ゲーム、スキー、日本史

好きな戦国武将 : 織田信長

好きなモンハンの武器 :
     ランス > 弓 > 大剣

無料でお小遣い稼ぎ

メールのURLをクリックするだけ
約10秒で1円など
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

アンケートに答えるだけ
約1分で3円など
マクロミルへ登録
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PR






RSSリンクの表示
QRコード
QR
blogram.jp
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。