大河ドラマと私が気になったこと(主にゲームや動画)について更新しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「平清盛」 第20回、前夜の決断

大河ドラマ「平清盛」。第20回、前夜の決断。
保元の乱 前夜まで。
一族一丸となって戦いに向かおうとする清盛だが・・・


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
ランキング参加中。応援してくださる方はクリック

鳥羽院が崩御。
悪左府・藤原頼長崇徳上皇に近づき、
上皇の名で兵を集めれば政権を奪えると唆す。
しかし、戦いになることがわかっていた信西は、
即座に兵を徴収。
源義朝は即座にそれに応じて、天皇方につく。
遠方からも武士が集められる。


清盛の策。
平氏はどちらにつくかを明確にしていなかった。
それを清盛は、恩賞を上げるためだと言う。
何か・・・今までの清盛らしくない・・・・・・
しかし、それは武士の世を作るための大きな足がかりにするため。
一気に地位の向上を狙ってのことだった。
まあ、目標はブレてないからいいんだけど、らしくないわぁw
叔父・平忠正もこれに賛同。
本当にアンチ清盛が治まったね・・・
「兄(忠盛)も同じことをしたのではないかと思って」
忠盛が武士の世を目指すことを明確にしてから逝ったのが功を奏したのでしょう。
忠正も目標を理解したようです。
平氏の絆は磐石となったか・・・?

一方、源氏は大分裂中。
義朝は天皇方についたが、源為義は上皇方。
荒れ武者・源為朝も加わって、意気も上がる。
義朝は身内に味方がなく、終始不機嫌?

後白河帝と清盛。
動向をはっきりさせない清盛に信西が接近。
恩賞は上がったかな?と、バレバレw
そして、後白河帝と対面することに。
近臣を下げての直接対談。(信西は盗み聞き)
武士の台頭はないと断言する後白河帝。
味方に引き込む気がないのか・・・?
しかしそれは、自分のいる場所まで上がって来いとの挑戦だと
受け取った清盛は天皇方につく。
何か納得できん流れだわ
対立してるけどお互いに認めてる関係ってことなんだろうけど、
うまく見せれてない気がします。
後白河帝も一話だけ気弱になったけど、今はそんな面影もないしw
まあ、頼長がいる上に前回追い払った上皇の方につくとか
元々ありえない話だけどねw

天皇方につくことを決めた平氏一門だが、
弟・平頼盛は上皇方につこうとしていた。
それに気付いた池禅尼が説得。
池禅尼・・・行動に一貫性がない気がするんだが・・・
前回は清盛をちょっと引いて見てるみたいだったけど、今回は清盛推し。
清盛を信じてるのか信じてないのか、どっち??
・・・と、一貫性のないような今回の池禅尼の行動。
後で知ったけど頼盛説得は文献ありなのか。
無理やりストーリーに入れてきたなw
そして、頼盛。
生き延びたい~ってのは有り得る感情だと思うけど、
それが上皇方になるのが意味不明。
豪勇で知れる為朝がいるからって流れなんだけど、
兵力的に圧倒的に天皇方優勢じゃないの?
という疑問も、池禅尼が崇徳上皇の子・重仁親王の乳母で、
元々平氏と上皇方に繋がりが深かったことを省略したくせに
このエピソードを無理やり入れた影響だろう・・・
平氏がどちらにつくか難しくなった良い設定なのに、
どうして省いた?
これを知ると、近衛帝の後に重仁親王即位に持っていって、
一気に武士の時代到来というのが平忠盛の構想だったのが伺える。
そして、後白河帝即位により立場を修正して、武士の時代への
再チャレンジをするための保元の乱ということだろうか。
偉大な父・忠盛から受け継いだだけっていうより、再出発の方が清盛の
ストーリーとして面白そうな気がするんですが、どうなんでしょうか?


源義朝は、妻子を非難させる。
由良常盤が出会う。
気まずい・・・・・・
義朝の出陣時にも対立?
常盤は義朝の内心を、由良は義朝の目標を表す?

鎌田正清が義朝に合流。
父と子のちょっといい話。
義朝と正清の会話はもっと淡白でもよかった。
最初の「正清、遅いぞ」の後で肩をポンポンと叩くくらいでちょうどいい。

頼盛の離反を忠正が止める。
忠正が本当に良い叔父にw
上皇方が勝っても平氏が残るという一言にニヤリ。
ならば自分が行けばいいとでも説得したんでしょうか。
元より自分と清盛に絆などない!
叔父さ~ん 。・゚・(*ノД`*)・゚・。
忠正殿、ありがとう・・・と、池禅尼は確信犯

いよいよ、保元の乱が始まります。


次回は、保元の乱。
タイトル直球!
これでいいと思います・・・


blogram投票ボタン
ランキング参加中。応援してくださる方はクリック


関連記事

コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

平清盛 第20話 感想「前夜の決断」

平清盛ですが、保元の乱の前夜ということで日本は真っ二つに分かれて、親兄弟も関係なく争います。血で血を洗う凄まじい惨状となっていきますが、清盛(松山ケンイチ)も能天気さが...

大河ドラマ「平清盛」第20回

戦の準備は、整った… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201205200003/ 平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-05-29売り上げラン...

大河ドラマ「平清盛」第20話

第二十回「前夜の決断」 視聴率11.8%  

平清盛 第20回「前夜の決断」〜松田翔太 vs 松山ケンイチ‥大河らしく

『平清盛』第20回「前夜の決断」 前回、HPの人物相関図の更新が滞っていることも、『平清盛』がダメ大河であることを示す一つの事象である旨を書きました。 いつまでたっても無

もう準備はできたかよ、火蓋を切るのはもうすぐだぜ(松山ケンイチ)

平安京は延暦十三年(794年)に桓武天皇によって定められた都である。 その名は「たいらのみやこ」と呼ばれた。 それからおよそ360年の歳月が過ぎ去り・・・桓武天皇の子孫で平の氏を持

NHK大河ドラマ『平清盛』第20回「前夜の決断」

やっと清盛がかっこよく見えてきました~~~!! 保元の乱の直前、 崇徳上皇と後白河帝の間には戦をせずにはいられないような 2つに陣営が次々と分かれて、殺伐とした空気が流

平清盛 第20回 前夜の決断

『前夜の決断』 内容 保元元年、鳥羽法皇の死により、 後白河帝(松田翔太)と崇徳上皇(井浦新)の対立は深まっていく。 信西(阿部サダヲ)に退けられた悪左府・頼長(山本耕史)

『平清盛』 第20回「前夜の決断」

JUGEMテーマ:大河ドラマ鳥羽院の亡き後、都の情勢はいちだんと険悪に。ついに考えを決めた清盛は、平氏一門の結束を強化しますが・・・・・・。ところで、西行が偶然この場にあらわ

「平清盛」第20話。

視聴率低迷であれこれ言われておりますが、今週も「平清盛」見ました。もう20話、もうすぐ折り返し地点だと思うとさびしいです。

【平清盛】第20回

ついに物語は前半最大の山場・保元の乱へ!崇徳上皇(井浦新)と頼長(山本耕史)は共闘し、 後白河帝(松田翔太)と信西(阿部サダヲ)方との決戦は避けられないものになっていた

平家、割れる ~平清盛・前夜の決断感想~

鳥羽院の死後、崇徳上皇と後白河天皇の権力争いはひどくなる。 かねてから周りの反感を買い、失脚していた頼長は崇徳上皇に近付き、 かたや信西は、後白河天皇の乳父として、政敵

平清盛 第20回「前夜の決断」〜平氏は勝ってみせまする。あなた様との勝負にも

 保元の乱を前にしての登場人物たちの思い、駆け引き。  清盛(松山ケンイチ)は中立を保つ。いくさ後、多くの恩賞を得るために。  なかなかしたたかだ。  一世一代の大博打で

金環日食を観れなかった人達

日本列島を興奮させた金環日食。前回の金環日食があった平安時代を舞台にしている大河ドラマ平清盛第20回前夜の決断しかし、金環日食とは違い、殆どの人は目もくれず、視聴率は1...

金環日食を観れなかった人達

日本列島を興奮させた金環日食。 前回の金環日食があった平安時代を舞台にしている大

『平清盛』 第20話「前夜の決断」

 今回が一番面白かった。実は、ある事情で、『平清盛』の記事はやめようと思っていたのですが、それを踏み止まらせるくらいの出来でした。  清盛(松山ケンイチ)、忠正(豊原功

大河ドラマ 「平清盛」 #20 前夜の決断

鳥羽法皇の崩御。 そして、いよいよ保元の乱前夜…。 天下大乱!!

平清盛 第20回

脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/藤木直人/松田翔太/山本耕史/森田剛/西島隆弘/小日向文世/和久井映...

平清盛 第20回 「前夜の決断」

いよいよ保元の乱へ…! でもその前に、それぞれの家族達の亀裂。 身内どうしで争うことになる運命の皮肉であった…!! うん。 清盛の黒い角張った鎧がかっこよかったなー

平清盛、信西VS頼長!!

後白河VS崇徳、いよいよ保元の乱が始まりそうです 後白河ではなく崇徳上皇の息子・重仁親王を即位させていれば 保元の乱は起きなかったかも知れません。 重仁親王は美福門院得子の
Google 検索
ブログ内検索
カテゴリ
ユーザタグリスト
最新記事
その他リンク
同管理人の別サイト
 『センゴク絵巻


  ↓ 参加中のランキング ↓
● にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
● 人気ブログランキングへ
● blogram投票ボタン

● 
  季節 特集

プロフィール

漣 泉石

HN : 漣 泉石

性別 : 男

趣味 : ゲーム、スキー、日本史

好きな戦国武将 : 織田信長

好きなモンハンの武器 :
     ランス > 弓 > 大剣

無料でお小遣い稼ぎ

メールのURLをクリックするだけ
約10秒で1円など
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

アンケートに答えるだけ
約1分で3円など
マクロミルへ登録
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PR






RSSリンクの表示
QRコード
QR
blogram.jp
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。