大河ドラマと私が気になったこと(主にゲームや動画)について更新しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「江 ~姫たちの戦国~」 第43回、淀、散る

大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」。第43回、淀、散る。
戦国最後の大戦、大坂夏の陣。
豊臣家滅亡の時。


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
ランキング参加中。応援してくださる方はクリック

徳川家康の言いがかりから、再び戦いが始まります。
大坂夏の陣です。
主役のは、今回もほとんど出番なし。
徳川秀忠が主役として動き回りますw

戦を避けたい秀忠は、家康に詰め寄りますが、
ついには家康から怒鳴られてしまいます。
また、高台院(おね)からは太平のために必要な戦もあると諭されます。
家康には反抗的な秀忠も高台院からの言葉は受け入れざるを得なかったみたいw

結局、開戦。
それならばと開き直って総大将を努めたいという秀忠だが、家康に却下される。
どちらにせよ、否定される憐れな秀忠w
まあ、このドラマ的には真田信繁こと幸村の脅威を見越してとも取れるが・・・

その幸村ですが、折角出したわりには残念な活躍っぷりw
家康をさほど追い詰めた印象もありませんでしたし、無人の本陣でやられてるとかw
超ありえない展開。あれは何なの?全然必要なシーンじゃない雰囲気でしたが。
命令無視してまで家康の本陣に駆けつけた秀忠も別に活躍したわけではないし、
逃げたはずの家康が平然と出てきて2人で幸村の死を見送っただけ・・・
何か、盛り上がるはずのシーンで、すごく肩透かしを食らった感じでした。

しかし、の方はしっかりと盛り上げていった印象。
自分がすべてを背負う覚悟で、常高院豊臣秀頼の助命を託して城から出す。
また、秀頼との親子のシーン。
何度も城落ちを見せられたドラマでしたが、涙の別れというシーンは見入りますね。
で・す・が!
この後の秀忠の覚悟の後の話になりますが、自害のシーン。
周りが銃弾の盾となって死んでいき、侍女も死んでいき、
最後に秀頼と淀の自害って・・・つっこみ所満載?
自害を促すための銃撃のはずなのに、バンバン当たるし、大野治長もあっさり死ぬし、
介錯もいないまま割腹って・・・死ねんぞ?w
普通は秀頼と淀の死を見送った後で、他の従者たちは後追い自殺でしょ。
そこが気になって、死のシーンはいまいち集中できませんでした。

で、順番が逆になった、秀忠の覚悟・・・決意?
きれい事ばかり言う秀忠は終わり?
江や千の願いを振り切り、新たな決意をしたようです。
次回からは一味違う秀忠が見れる・・・のかな?
家康も、この大坂夏の陣を最後に実権を秀忠に渡して、本当に隠居となるようです。


そして、次回は、江戸城騒乱。
久しぶりに江とが対決?
何かあまり面白くなさそうな、嫌な予感がします・・・


blogram投票ボタン
ランキング参加中。応援してくださる方はクリック


関連記事

コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『江〜姫たちの戦国〜』 第43回「淀、散る」

慶長20年の春、京では大火事があり、大坂牢人のしわざと噂されました。その牢人は、さらに大坂城へ入るものがふえ、徳川は捨てておけぬと乗り出します。かくして、大坂夏の陣は幕を

【江〜姫たちの戦国〜】第四十三回

徳川と豊臣の戦いの火種は、くすぶり続けていた。 両家の激突を食い止めるため、駿府へ向かった常高院(水川あさみ)による必死の嘆願も、 家康(北大路欣也)の心を変えることは

江〜姫たちの戦国〜 第四十三回 淀、散る

『淀、散る』 内容 1度は終結した徳川と豊臣の戦い。 だが家康(北大路欣也)は、淀(宮沢りえ)らがいる限り戦いは終わらないと 秀忠(向井理)に告げるのだった。 そんななか京

大河ドラマ「江」/姫たちの戦国 Vol.43淀、散る

【送料無料】歴史街道 2011年 02月号 [雑誌]価格:630円(税込、送料別) ↑ 内容は歴史街道 HP 【送料無料】お江の方と春日局 江 公式HP 江 公式HP(大津放送

江〜姫たちの戦国〜 第43話 感想「淀、散る」

江〜姫たちの戦国〜ですが、江(上野樹里)は淀(宮沢りえ)の運命を心配しながら写経をしています。徳川家康(北大路欣也)は大坂からの国替えか浪人の解放の条件を突きつけますが...

江 -姫たちの戦国- 第43回「淀、散る」

今回はかなり見応えのある内容となりました。これまでくすぶっていた徳川と豊臣の火種がとうとう爆発し、大坂夏の陣へと向かっていきます。そのきっかけは、豊臣方の浪人が大阪市中...

大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」三姉妹の絆43最後まで初、江、秀忠は説得するも淀の覚悟は変わらず苦渋の決断で秀忠は采配を振るい豊臣家を滅ぼした

大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第43話は大坂冬の陣で和議を結び大坂城を裸同然にした家康は豊臣家を滅亡させるために更なる条件を提示する。国替えに応じるか?それとも浪人 ...

大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」第43回

豊臣家、滅亡・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201111060003/ 江(ごう) 姫たちの戦国 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) posted with am...

江〜姫たちの戦国〜 第43回「淀、散る」

 大坂城落城。  その煙を京都の地から見つめる高台院(大竹しのぶ)。  豊臣家の終わり。諸行無常。  僕はこういうシーンに惹かれる。  淀(宮沢りえ)のシーンもよかった。  ...

【江】第43回感想と視聴率「淀、散る」

【第43回の視聴率は、11/7(月)追加予定】素晴らしい最終回でした(嘘)(^^;)淀と秀頼の最期、感動的でした。最期まで必死に守ろうと頑張って死んでいった侍女や家臣達も素敵で...

「江〜姫たちの戦国」第43回〜秀忠冷酷!?「城に火をかけよ」

『江〜姫たちの戦国』 第43回「淀、散る」 家康(北大路欣也)は京で起きた騒ぎを口実に、大坂城の牢人たちを放逐するか、秀頼(太賀)が国替えを受け入れるか、どちらかを選ぶよう

「江~姫たちの戦国~」第四十三話

大阪城炎上。 第四十三話『淀、散る』ネタバレです。 大坂の陣・なるほど人物事典加賀 康之PHP研究所 by G-Tools

江~姫たちの戦国~ 第43話「淀、散る」

徳川と豊臣の戦いの火種はくすぶり続けていた。 家康(北大路欣也)は京で起こった騒ぎを理由に、大坂城の牢人たちを放逐するか、 秀頼(太賀)が国替えを受け入れるか、どちらか

江~姫たちの戦国~ 第43回「淀、散る」

今週も『江~姫たちの戦国~』のお時間です。 前回に引き続き、今回も画像多めでございます。

江 -姫たちの戦国- 第43回「淀、散る」

今回はかなり見応えのある内容となりました。これまでくすぶっていた徳川と豊臣の火種がとうとう爆発し、大坂夏の陣へと向かっていきます。そのきっかけは、豊臣方の浪人が大阪市中...

江〜姫たちの戦国〜 第43回 「淀、散る」

新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 下 江(ごう) 姫たちの戦国 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) ...

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第43回...

感想は一言だけで~~~あらすじは「江~姫たちの戦国~」公式サイトから徳川と豊臣の戦いの火種はくすぶり続けていた。 家康(北大路欣也)は京で起きた騒ぎを理由に、大坂城の牢人...

江〜姫たちの戦国〜 44話

2012年は『わが母の記』の三姉妹、宮崎あおい・ミムラ・菊池亜希子に注目 ‎6 時間前‎ 主人公の小説家・伊上洪作役で主演する役所広司、母・八重役の樹木希林、洪作の三女で ...
Google 検索
ブログ内検索
カテゴリ
ユーザタグリスト
最新記事
その他リンク
同管理人の別サイト
 『センゴク絵巻


  ↓ 参加中のランキング ↓
● にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
● 人気ブログランキングへ
● blogram投票ボタン

● 
  季節 特集

プロフィール

漣 泉石

HN : 漣 泉石

性別 : 男

趣味 : ゲーム、スキー、日本史

好きな戦国武将 : 織田信長

好きなモンハンの武器 :
     ランス > 弓 > 大剣

無料でお小遣い稼ぎ

メールのURLをクリックするだけ
約10秒で1円など
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

アンケートに答えるだけ
約1分で3円など
マクロミルへ登録
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PR






RSSリンクの表示
QRコード
QR
blogram.jp
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。