大河ドラマと私が気になったこと(主にゲームや動画)について更新しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「江 ~姫たちの戦国~」 第33回、徳川の嫁

大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」。第33回、徳川の嫁。

今回は前半見逃したので、感想は後半のみ。

石田三成を政の中枢から追い出し、徳川家康が台頭する。





にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

ランキング参加中。応援してくださる方はクリック



前半、略。



前田利家
が死去したことにより、石田三成に反感を持つ黒田・福島らが、三成を討ちにかかる。

三成は、徳川家康を頼ることで難を逃れます。

・・・が、なぜ家康を頼ったのか本人もわからないとか無茶な展開w

結局隠居という逃げ方になりますが、家康を頼る前からこうなることがわかっていて、

それでも今を逃れるにはこれしかないと判断したから頼ったんでしょう。

深意がわからないけど生き残る道はここで、それに対して知恵が回るとか

見てる方が展開がわからないわw



さて、反三成として、事前に出てきていなかった人達が急に大勢出てきたわけですが、

完全に 家康 VS 三成 の構図で展開していただけに、かなり急な展開。

奉行・三成と武闘派の武将たちが仲が悪かったのは今回初めて出てきたんじゃないでしょうか。

最終的には三成と家康による争いになるわけですが、この2人だけ見てたのでは

豊臣の崩壊へと繋がっていかないですよね。

1点描かれそうな点として、北政所の身の振り方は大きな意味を持ちますね。

まあ、それも前出の秀吉子飼いの武将達あってのことですけど。

この時代で思うことは、戦国の完全実力主義の世が、天下一の出世人・豊臣秀吉の

登場によって終わりを告げ、名ばかりで実力のない大名が増えてきたのではないか
ということ。

特にひどいと思われるのが、豊臣恩顧の武将達の動き。

秀吉に長く仕えていただけで大禄もらって、自分のことばかり考えて

全然 先の見えない人達ばかりではないのかね?

まあ、本人達が豊臣が滅びても満足なら別にいいんですけどね。

結局、豊臣政権下にあっても1人戦国の世を生き続けていた家康の1人勝ちという所でしょうか。



江と徳川秀忠は、今の所、見物人の状態です。

秀忠と本多正信が、江への解説役となっています。

江が遠く江戸の地にいるおかげで、真面目なシーンが安定して見ていられますw



前回登場の大姥局

江を困らせる存在として、わりと面白く見ていますw





次回は、姫の十字架。

豊臣による一時の平穏から再び混乱へ。

予告を見る限りでは、面白そうですね。





blogram投票ボタン

ランキング参加中。応援してくださる方はクリック














 


関連記事

コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
Google 検索
ブログ内検索
カテゴリ
ユーザタグリスト
最新記事
その他リンク
同管理人の別サイト
 『センゴク絵巻


  ↓ 参加中のランキング ↓
● にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
● 人気ブログランキングへ
● blogram投票ボタン

● 
  季節 特集

プロフィール

漣 泉石

HN : 漣 泉石

性別 : 男

趣味 : ゲーム、スキー、日本史

好きな戦国武将 : 織田信長

好きなモンハンの武器 :
     ランス > 弓 > 大剣

無料でお小遣い稼ぎ

メールのURLをクリックするだけ
約10秒で1円など
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

アンケートに答えるだけ
約1分で3円など
マクロミルへ登録
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
PR






RSSリンクの表示
QRコード
QR
blogram.jp
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。