大河ドラマと私が気になったこと(主にゲームや動画)について更新しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「龍馬伝」 第40回、清風亭の対決

大河ドラマ「龍馬伝」。第40回、清風亭の対決。

龍馬 VS 後藤。最終戦。

あまり大物感のない土佐の参政・後藤象二郎との対談ですが、

今まで積み上げてきた経緯もあり、なかなか面白かったですね。



にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

ランキング参加中。応援してくださる方はクリック



土佐の大殿・山内容堂の酔いが醒め、ついに大物感が復活してきました。

薩摩と長州に秘密裏に近づくように後藤象二郎に命令。

後藤が長崎へとやってきた。



前回、まったく長崎での事業がうまくいってなかった岩崎弥太郎は、後藤に恐縮するばかり。

龍馬の評判などは、とても言うことはできない。

しかし、長崎商人から直接龍馬のことを聞かされた後藤は、弥太郎に龍馬を探すように命じた。

鬼の上司と癇に障る友人との間で板ばさみw

このドラマ、弥太郎の困り顔を見ると、何か楽しくなってくるなぁw



弥太郎は、仕方なく龍馬を探し回る。

商人たちを回り、お元の所にも来るが、龍馬はおらず。

お元の昔話とかは・・・まあ、どうでもいいか。

まだ設定出きってなかったんですね。どこまで、お元は引っ張るのか。



お元と話していると、龍馬が自分から登場。

大驚きの弥太郎。

うん。何か、そんな気はしてたw

龍馬伝では恒例のパターンでしたねw

弥太郎は龍馬を心配して、後藤に会わないように薦めるが、

龍馬は逆に会う舞台を整えるように言う。

土佐を使って、大政奉還を実現させる!

う~ん。4部始まって早々に急ピッチで話を進めますねぇw

あと、亀山社中での話で思い出しましたが、後藤は武市さんと以蔵の仇でしたね。

すっかり忘れていましたw

まあ、その2人以外にも殺されてますけどw



龍馬 VS 後藤。

会談は、清風亭で。

土佐のために、薩長との橋渡しをするように命じる後藤だが、龍馬は拒絶。

龍馬が動くのは、土佐のためではない。

土佐が大政奉還の実現のための要になる。

新しい日本の要に土佐。それが、大殿様も望んでいること。

この辺りで、後藤は龍馬の考えに乗ることにしたようです。

しかし、大殿様に確認しなくてよかったのか?あの人、考えが読めない人だしw

まあ、さすがに藩政を任されているから大丈夫ということか。

しかし、土佐が日本の要か~。嘘乙w

まあ、龍馬が生きていたら可能だったということにしておいてあげようw





今回は、後藤との対決がメインでしたが、あまり迫力はありませんでしたw

元々、後藤が小物臭い・・・っと、失礼w 一度、勝っているような相手だからですかね?

1部から因縁のある相手だったので、積み上げたものがあったのはよかったですけどね。

後藤もいろいろ考える所があり、成長(?)したのでしょう。

しかし、本来、龍馬と後藤を引き会わせたのは溝渕広之丞・・・・・・

前回の登場は何だったのか・・・・・・溝渕ェ・・・・・・





次回は、さらば高杉晋作。

あ~、最近で一番見ごたえがあった人が早くも退場~ (´;ω;`)





blogram投票ボタン

ランキング参加中。応援してくださる方はクリック
















 

関連記事

コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
Google 検索
ブログ内検索
カテゴリ
ユーザタグリスト
最新記事
その他リンク
同管理人の別サイト
 『センゴク絵巻


  ↓ 参加中のランキング ↓
● にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
● 人気ブログランキングへ
● blogram投票ボタン

● 
  季節 特集

プロフィール

漣 泉石

HN : 漣 泉石

性別 : 男

趣味 : ゲーム、スキー、日本史

好きな戦国武将 : 織田信長

好きなモンハンの武器 :
     ランス > 弓 > 大剣

無料でお小遣い稼ぎ

メールのURLをクリックするだけ
約10秒で1円など
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

アンケートに答えるだけ
約1分で3円など
マクロミルへ登録
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PR






RSSリンクの表示
QRコード
QR
blogram.jp
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。