大河ドラマと私が気になったこと(主にゲームや動画)について更新しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「龍馬伝」 第35回、薩長同盟ぜよ

大河ドラマ「龍馬伝」。第35回、薩長同盟ぜよ。

ついに、薩摩藩と長州藩の同盟成る?

注目の一話になりそうですね。



にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

ランキング参加中。応援してくださる方はクリック



薩摩藩邸に木戸貫治(桂小五郎)が到着。

しかし、正体はバレていないものの、薩摩に怪しい者が入ったと幕府に伝わり、

薩摩藩邸前は新撰組が闊歩するようになった。

西郷吉之助と木戸の対談は、当然のように難航。

立会い人として、龍馬を待つことになった。

一介の素浪人である龍馬が、両者の間で確かな信頼を得て、大きな存在となりました。



龍馬と三吉慎蔵は薩摩藩邸に近づくも、新撰組がいて入ることができず、出直すことに。

と、そこで、見慣れた小汚い男が捕まる。

ご存知、我らの岩崎弥太郎である。

あっさり捕まり、あっさり自白ww

しかし、釈放してもらえず・・・・・・



龍馬は、一時的に寺田屋へ身を寄せる。

夜になったら、再び薩摩藩邸へ向かう。

心配するお登勢お龍に別れ。



お龍の知らせで、西郷と木戸が小松帯刀邸に移ったことを知った龍馬達は、必ず戻ってくることを約束して出発。

しかし、拷問を受けていた弥太郎が龍馬の名を出してしまったことと、前に近藤勇と寺田屋で会っていたことから、名と潜伏先が知れてしまう。

弥太郎、龍馬のことを吐いちゃったらダメだろw

それと、前に近藤と争ったのを無駄にしなかったのを評価したい。

寺田屋を襲わせるに至る経緯作りはうまかったですね



自分と間違われて捕まった土佐藩士を救いにいくと息巻く龍馬。

こういう無茶なことを何でもやってしまう所が嫌い。

新撰組の屯所から救い出すとか無謀だしw

そして、いつもたまたま うまくいってしまうのが更に嫌い。

そんな何でもできてしまうような、かっこよさはいらない。

もう少し地味にやってほしいw



で、小松邸について、同盟締結。

日本を守るため(キリッ





次回は、寺田屋騒動。

ついに、寺田屋事件ですね。

龍馬、三吉、お龍の活躍に期待。



そういえば弥太郎は土佐に帰ったん?w





blogram投票ボタン

ランキング参加中。応援してくださる方はクリック
















 

関連記事

コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
Google 検索
ブログ内検索
カテゴリ
ユーザタグリスト
最新記事
その他リンク
同管理人の別サイト
 『センゴク絵巻


  ↓ 参加中のランキング ↓
● にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
● 人気ブログランキングへ
● blogram投票ボタン

● 
  季節 特集

プロフィール

漣 泉石

HN : 漣 泉石

性別 : 男

趣味 : ゲーム、スキー、日本史

好きな戦国武将 : 織田信長

好きなモンハンの武器 :
     ランス > 弓 > 大剣

無料でお小遣い稼ぎ

メールのURLをクリックするだけ
約10秒で1円など
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

アンケートに答えるだけ
約1分で3円など
マクロミルへ登録
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PR






RSSリンクの表示
QRコード
QR
blogram.jp
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。