大河ドラマと私が気になったこと(主にゲームや動画)について更新しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「龍馬伝」 第16回、勝麟太郎

大河ドラマ「龍馬伝」。第16回、勝麟太郎。

ついに、勝麟太郎(海舟)の登場。

龍馬にとって大きな転機となる!



坂本君!弥太郎不在時のギャグパートは僕に任せたまえ!(キリッ

                               by 千葉重太郎



にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

ランキング参加中。応援してくださる方はクリック





江戸に戻ってきた龍馬は小千葉道場に。

突然の訪問に驚きつつも襟元を正す佐那がかわいい。



千葉重太郎は大興奮!

お前に会いに来たんだよ、佐那!

と、都合のいい解釈で期待させといて、話は脱藩から勝に会いに来たというものへ。

この時の音楽・・・真面目な話に合わなかったんですがw

龍馬は重太郎を通して幕府政事総裁職の松平春嶽に会うことを思いつく。

話題を佐那にもっていきたい重太郎はオタオタ ;

相変わらずの空回り兄妹ですねw

しかし、佐那・・・・・・とても、ヒロインの1人といえる扱いではないですねw



春嶽に面会して勝麟太郎への紹介状をもらう。

しかし、こんな大物に脱藩浪人が会えるとは・・・・・・

ギャグ要員・重太郎は意外と信用が厚いですねぇ。

と、関心していたら  定吉先生が登場。

なるほど、定吉先生の後押しがあったからか。

定吉>>>重太郎 の信用度で納得。ドンマイ、重太郎 ^ ^ ;



龍馬が勝麟太郎に会う。

勝の龍馬に対する評価は「××××××・・・」で、不合格。

この時の龍馬は確かに冴えがなさすぎた。

饅頭屋、改め近藤長次郎の登場。

先に勝の弟子になっているとな!?

河田小龍の時といい、龍馬よりも先見の明があるなw

ここで弥太郎が出てくる回想シーンがあるけど、正直いらない。

そんな思いつきで江戸に出てこれるわけではないし、

長次郎は元々学問の才が認められていたからでいい。

まあ、弥太郎との関連性をつけたかったのか。



武市半平太が勝麟太郎に会う。

・・・・・・何で来たしw

ああ、将軍が帝に会うのに、本人ではなく代理を送ると聞いたから?

直接、上に言えよw

というのは表向きで、龍馬を勝に印象付けるためでしたか。

これが、龍馬伝独自のシナリオってやつ?

主要人物達を絡めたかったと・・・・・・微妙ですね ^ ^ ;



再度、龍馬が勝麟太郎に会う。

今度は、勝がかなり下に振舞って、龍馬を立てている変な構図。

龍馬が教えられるのではなく自分で気付く展開と、それを見守る勝。

そして、勝が既にそれに取り組んでいたことを知り、弟子へ。

ん~。まあ・・・・・・最後まで見れば、こういうのも珍しくていいかもしれませんね





次回は、「怪物、容堂」。

第1部でも存在感はあったものの、吉田東洋の影に隠れていた感のある、

もう1人の妖怪!・・・・・・いや、怪物ですかw

さあ、どうする 半平太!







blogram投票ボタン

ランキング参加中。応援してくださる方はクリック















関連記事

コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
Google 検索
ブログ内検索
カテゴリ
ユーザタグリスト
最新記事
その他リンク
同管理人の別サイト
 『センゴク絵巻


  ↓ 参加中のランキング ↓
● にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
● 人気ブログランキングへ
● blogram投票ボタン

● 
  季節 特集

プロフィール

漣 泉石

HN : 漣 泉石

性別 : 男

趣味 : ゲーム、スキー、日本史

好きな戦国武将 : 織田信長

好きなモンハンの武器 :
     ランス > 弓 > 大剣

無料でお小遣い稼ぎ

メールのURLをクリックするだけ
約10秒で1円など
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

アンケートに答えるだけ
約1分で3円など
マクロミルへ登録
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PR






RSSリンクの表示
QRコード
QR
blogram.jp
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。