大河ドラマと私が気になったこと(主にゲームや動画)について更新しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「龍馬伝」 第12回、暗殺指令

大河ドラマ「龍馬伝」。第12回、暗殺指令。

誰が暗殺されるのかと思いましたが、タイトルは次回への繋ぎのためだけでしたね。

今回の龍馬は、また悩んでいます。



武市半平太の薦め(半強制?)により、龍馬は土佐勤王党へ加盟。

そのことで平井収二郎が一気に龍馬に優しくなったのが笑えた。

あくまで、武市について来る人には優しいのな。

沢村惣之丞の登場。

どーでもいいようなチョイ役的登場でしたが、次回また出てくるでしょう

また、饅頭屋長次郎と共に沢村も後の海援隊員なので、

そう思って見ると また面白いかもしれません。



龍馬は、久坂玄瑞に会うために長州へ。

攘夷は必要なのか!?

そこで不平等な条約、外国に目に見えない侵略を受けていることを知る。

実行あるのみ!

すいません、耳が痛い お言葉ですw

ところで、玄瑞。面白い役ですね。そういえば松陰もこんなテンションでしたねw



岩崎弥太郎に嫁が!

馴れ初めは、肥溜めに落ちていた所を助けられてとかwww

いくら弥太郎でも、汚さが尋常ではないwww

さて、何やら怪しい急展開ですが、この幸せ長く続くのか?

何か裏がありそうな臭さがありますが・・・・・・w



武市は吉田東洋に意見書を送り続けるが、東洋は無視。

だが、龍馬に対する評価は大絶賛。

何でそこまで気に入った?いまいち理解不能。これが主役補正か。

後藤象二郎は嫉妬心メラメラ。

土佐勤王党内は、事を起こさない武市に対する不満が。

武市の行動が遅いのか、他がはやり過ぎなのか・・・。



結局、直訴という形を取ることに。

東洋邸の門前で土下座して嘆願。

武市 vs 東洋。第2回戦。

結果は、またも武市の惨敗

孝明天皇は異人嫌いで有名かもしれないが、武市の理論には根拠がない。

それに、この頃は、孝明天皇も山内容堂・東洋も公武合体派か?

しかし、武市も諸藩の攘夷派と情報交換するなど情勢に対する知識はあったはず。

このドラマでは、ちょっと情けなさ過ぎるか。



武市の心の闇が再びw

土佐勤王党が強硬派になった瞬間ですかね。

東洋を暗殺してくれ!

一方、弥太郎の元へは、後藤が来て、龍馬を殺せ!

・・・って、後者は???という感じですが、龍馬と弥太郎の対比という構図を

作りたかっただけでしょうねぇw



次回は、第一部 完結!

さらば、土佐よ。







blogram投票ボタン

ランキング参加中。応援してくださる方はクリック




にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

ランキング参加中。応援してくださる方はクリック














関連記事

コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
Google 検索
ブログ内検索
カテゴリ
ユーザタグリスト
最新記事
その他リンク
同管理人の別サイト
 『センゴク絵巻


  ↓ 参加中のランキング ↓
● にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
● 人気ブログランキングへ
● blogram投票ボタン

● 
  季節 特集

プロフィール

漣 泉石

HN : 漣 泉石

性別 : 男

趣味 : ゲーム、スキー、日本史

好きな戦国武将 : 織田信長

好きなモンハンの武器 :
     ランス > 弓 > 大剣

無料でお小遣い稼ぎ

メールのURLをクリックするだけ
約10秒で1円など
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

アンケートに答えるだけ
約1分で3円など
マクロミルへ登録
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PR






RSSリンクの表示
QRコード
QR
blogram.jp
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。