大河ドラマと私が気になったこと(主にゲームや動画)について更新しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「龍馬伝」 第7回、遥かなるヌーヨーカ

大河ドラマ「龍馬伝」。第7回、遥かなるヌーヨーカ。

タイトルは、New York だったんですね。

何だかインパクト重視というか、ネタ重視的なタイトルですねw

今回は、久しぶりの土佐編です。



龍馬が土佐へ帰国。

家族に再会の挨拶と、また江戸へ行きたいことを伝えます。

父・八平は、すぐに藩に願い出るように支持するも、体調が悪い模様。



龍馬は、久しぶりに武市半平太の元へ。

半平太・・・・・・完全に人格が黒くなっている (´;ω;`)

頭が堅いよ、半平太さん。

岡田以蔵は何だか素直な性格ですね。人の影響を受けやすそうな。

加尾と再会・・・変な空気に・・・・・・



半平太・加尾とくれば、岩崎弥太郎を忘れてはならない。

前回の衝撃的な告白の結果は、言わずともわかっていたよ。

弥太郎の告白は、誤解の上の自爆だったようです・・・・・・・・・面白すぎるw





土佐に河田小龍という、西洋に詳しい画家がいるらしい。

弥太郎から話を聞きつけた龍馬は一緒に行くことに。

そこには大勢の人!弥太郎が押しかけたんじゃなくて元々会合があったのかな?

最後に半平太まで登場。

そんな中、登場したのは、饅頭屋長次郎・・・だと・・・・・・どうしてここにいるしw

まあ、土佐には龍馬の関係者が山ほどいるし、少しずつ出していかないといけないわけですか。

あれ?そういえば中岡慎太郎って出てましたっけ?まだ?

武市道場、無駄に人が多くて、どれが誰やらw

・・・っと、話がそれましたが、小龍登場。

西洋のことを語るごとに人が減っていく。忘れ物のないように~がうけるw

やはり中心となるのは、龍馬と半平太と弥太郎。

半平太の「攘夷!攘夷!」は飽きた。

西洋のことを知ってるというから倒し方も考えているかと思ったが期待外れだった・・・って、

一応、具体策を武市さんは考えようとしていたんだねと少し見直したけど、よく考えたら

倒し方もわからないまま散々周りの人を扇動してたってこと?最悪だな。

弥太郎は多少知識を披露するが、結局は金?

裕福な奴にはわからんって、そうだけどねぇ・・・・・・



黒船。このキーワードで小龍が坂本家にやってくる。

好奇心の塊みたいな人なんだな。龍馬に近い感じ。

しかし、八平が倒れてしまう。

龍馬の成しえたことは見れずとも、少し成長した姿と、思い描く夢は見れた。

八平、満足の最後でした。






次回は、弥太郎の涙。

次回予告で、すでに吹いたw

弥太郎・・・ il||li (つω-`;)il||li







にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

ランキング参加中。応援してくださる方はクリック














関連記事

コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
Google 検索
ブログ内検索
カテゴリ
ユーザタグリスト
最新記事
その他リンク
同管理人の別サイト
 『センゴク絵巻


  ↓ 参加中のランキング ↓
● にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
● 人気ブログランキングへ
● blogram投票ボタン

● 
  季節 特集

プロフィール

漣 泉石

HN : 漣 泉石

性別 : 男

趣味 : ゲーム、スキー、日本史

好きな戦国武将 : 織田信長

好きなモンハンの武器 :
     ランス > 弓 > 大剣

無料でお小遣い稼ぎ

メールのURLをクリックするだけ
約10秒で1円など
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

アンケートに答えるだけ
約1分で3円など
マクロミルへ登録
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PR






RSSリンクの表示
QRコード
QR
blogram.jp
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。