大河ドラマと私が気になったこと(主にゲームや動画)について更新しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

由布姫と勝頼、義信と飯富虎昌 ~風林火山~

大河ドラマ ~風林火山~。



ストーリー的には山本勘助と由布姫関係の色々な話がありました。

しかし、歴史的に注目したい所は、由布姫が晴信の側室になるという話です。

諏訪の系列を残すと禍根が残ると言いつつも、残してしまった由布姫という存在。これが後に、由布姫の子の勝頼を晴信が溺愛し、嫡男・義信を遠ざけ、最終的には義信の謀反へと繋がるわけです。父・信虎が嫡男の晴信より次男の信繁を溺愛し、晴信が謀反を起こしたのと同じ過ちを繰り返す。

因果な親子関係
といった所でしょうか。

歴史というのは本当に面白いものです。



さて、今回の話でもう一つ注目したいことがあります。それが、飯富虎昌が義信の守り役になったことです。

この虎昌は、義信の謀反の責任を取り、自害することとなる人物で、有名な武田の赤備えの軍を率いた武将です。この武田の赤備えは弟であり後に武田四天王の一人に数えられる山県昌景に引き継がれ、更には武田家滅亡後にその家臣を吸収した徳川家臣で徳川四天王の一人である井伊直政へと引き継がれるのである。
スポンサーサイト

改めて知る追放の難しさ ~風林火山~

最近、大河ドラマが面白くなってきました。



武田晴信(信玄)が父・信虎を追放して家督を継ぐという場面ですが、この史実自体は知る人も多いかと思いますが、そのことについて深く考えたことはないのではないかと思います。私も晴信がそうして家督を継いだことは知っていたのですが、あまりそのことに気を留めたことはありませんでした。しかし、今回大河ドラマを見ていて、あの武田晴信も家督を継ぐにあたっては大変だったんだということを知りました



一言に「追放した」といえばそれまでですが、それにはやはり相当な覚悟と周囲への根回しが必要です。自分一人では追放すると言ってもできませんから、周囲に協力を頼まなければなりません。しかし、頼んだ相手が従ってくれなければ、逆に自分が誅されてしまうかもしれません。しかも、相手が国主ともなると更に難易度は上がります。なぜならもし失敗すれば加担した一族郎党がどういう目に会うか分かったものではないので、協力者の勧誘が通常より難しくなると考えられるからです。



今回、大河ドラマで晴信は見事に成功を収めましたが、それには次のような情勢があったからと思われます。それは、第一に晴信の器量を周囲が認めていたこと、第二に度重なる進攻に民が疲弊していたこと、そして第三に晴信が嫡男という正統後継者であったことが挙げられます。やはり、国主を追放して自分が主となるのですから、それに足る器量というものが必要になります。そして、謀反を起こすにはそれに足る動機や国内外の情勢というものが関係します。更に廃嫡されかけていたとはいえ、正式には未だ次代の後継者という地位にあれば、家臣もまとまり易くなるというものです。つまり、数々の要因があって初めて成功するものだということです。



以上、大河ドラマでは人の情の面を前面に押し出していますが、ここでは歴史的事件という面から見てみました。

真田幸隆登場に興味 ~ 風林火山 ~

真田幸隆が出てきて少し興味が出てきました。

幸隆に付き晴信と戦うか・・・・・・



真田幸隆といえば後に勘助と共に武田24将の一人に数えられる知将で、子孫は家康を最後まで苦しめた真田昌幸・幸村という有名人である。



北条の名将・北条氏康も気になったが、一般的に人気の高い真田家の地盤を築いた真田幸隆の動向に期待したい。

大河ドラマ ~風林火山~

大河ドラマ「風林火山」ですが、一言で言って



盛り上がってない・・・



仕官先を探して放浪してるだけだし、まったく話が進みません。まあ、さっさと進めてしまうと一年持たないわけですが、あまりにひどいかと。

浪人の身でありながら、武田晴信今川義元北条氏康とあの近辺での大物に会えるというのは、ドラマならではという感じで面白くはありましたが、全体的にいまいちですね。



歴史的な見所も少なそうなので私はサクッと見てますが、案外調べてみると知らなかった史実が盛り込まれているのかもしれませんね。

大河ドラマ ~風林火山~

来年の大河ドラマは風林火山。

また、武田信玄ですか?・・・・・・と思ったら、山本勘助!?



1年持つのか!?



川中島の啄木鳥戦法で有名は有名だけど、それ以外歴史上に出てこなくて、架空の人物ではないかと言われている人が主役とは。まあ、大河ドラマも有名どころをやりきって仕方なかったのでしょうかね?ネタぎれか?



しかし、山本勘助か・・・・・・メインは戦国時代の前期。

私の好きな時代は、信長が出てくる戦国中期からなので、あまり詳しくありませんが川中島の戦い以外は完全創作ネタでしょうね。恐らく、信玄が甲斐周辺の領土拡大と内政に励んでいる時代に活躍する話になるんでしょうね。正直、史実が存在しないせいで展開が読めない話になりそうです。



よく言えば、それはそれでドラマとしては面白いのかな?


Google 検索
ブログ内検索
カテゴリ
ユーザタグリスト
最新記事
その他リンク
同管理人の別サイト
 『センゴク絵巻


  ↓ 参加中のランキング ↓
● にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
● 人気ブログランキングへ
● blogram投票ボタン

● 
  季節 特集

プロフィール

漣 泉石

HN : 漣 泉石

性別 : 男

趣味 : ゲーム、スキー、日本史

好きな戦国武将 : 織田信長

好きなモンハンの武器 :
     ランス > 弓 > 大剣

無料でお小遣い稼ぎ

メールのURLをクリックするだけ
約10秒で1円など
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

アンケートに答えるだけ
約1分で3円など
マクロミルへ登録
カレンダー
08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PR






RSSリンクの表示
QRコード
QR
blogram.jp
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。