大河ドラマと私が気になったこと(主にゲームや動画)について更新しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天地人」 家康への挑戦状

大河ドラマ「天地人」。家康への挑戦状。

兼続、壊れる・・・の巻。





徳川家康が上杉に謀反の疑いありと、言い掛かりをつけてきます。

揺れる上杉家中。

兼続は、勝手に密約を交わしてましたが、まだ上杉の方針は決まってなかった模様w

殿が新たに決意を表し、家中はまとまったようです。

そして、家康へ返答を返すことに。

これが「直江状」です。

兼続の一番の見せ場です。

「天地人」史上最大の密約

大河ドラマ「天地人」。史上最大の密約。

前回の盛り上がってきたテンションから一転。

こ、これはひどいw



前田利家が死去した夜、反石田三成を掲げる福島正則らが挙兵。

今まで活躍のなかった福島の挙兵にドラマだけを見ている皆様は驚いたことでしょう。

不満があったんですね、福島。

三成はあえて徳川家康の元に逃げ込むことで難を逃れますが、命が助かった代わりに家康に蟄居を命じられます。

更に、伏見城に入った家康は豊臣秀頼の後見人となり、政を取り仕切るようになります。

「天地人」 家康の陰謀

大河ドラマ「天地人」。家康の陰謀。

盛り上がってきたーーーーーー!



オープニングで文・武官の仲の悪さを説明。

ドラマ中では一切出てきませんでしたが、そうなのです。

すごい一瞬で説明されてましたが、超重要なことですw



本編へ。

家康がどんどん黒い策略を練る中、ついに秀吉が死去

三成を召抱えた時の再現をするなど、サービスもありました。

今になって、そのシーンをやるのかよっていう苦笑い感はありましたがw

2杯目を要求した時に、まさかやるのか・・・とすぐ気づきました。

遺言は三成だけに・・・・・・はい、そういうことすると後の争いの元ですよ、秀吉様。

「天地人」 さらば、越後

大河ドラマ「天地人」。さらば、越後。

車の中で見たので、記憶薄です。

とりあえず会津移封の話です。



前回、秀吉に泣き落としをした代わりに、今回は逆に最後の頼みと押し切られた会津移封w

・・・と、面白みを無理に見出すこともできた演出でしたw

太平の世を守るためとか言っても、従わざるを得なかった現実。

越後を離れる。

上杉家にとっては最悪の展開でしょう。

作中のように納得して移封ということはなかったでしょう。

移動の代わりに昇進。現代にも通ずる話ですがね。

「天地人」 五人の兼続

大河ドラマ「天地人」。五人の兼続。

またしても、タイトル意味不明・・・・・・



越後では兼続が内政を取り仕切る。

景勝様は、兼続にすべて任せた・・・・・・と、仕事放棄w

盾になるとか、いい話っぽく最後は持っていったけどさ。



で、関白・豊臣秀次は一瞬でさようなら~ ^ ^ ノシ

こんな急展開なら、そりゃぁ批判も出るわな。

「天地人」世継ぎの運命

大河ドラマ「天地人」。世継ぎの運命。

これって誰のことですか?秀俊?秀次?秀頼?

話としてはちょい役だけど秀俊?上地とか初め気付かなかったし。カツラだとわからんわw



とりあえず朝鮮出兵は一瞬で終了。

まあいいか。



秀吉は拾(秀頼)が生まれて大喜び。



そして、おバカな感じで秀俊登場。

上杉に近寄るも毛利へ。

・・・・・・が、結局、分家の小早川が引き取ることに。

秀俊は小早川秀秋だったんですね。

初めて知ったというか、興味なかった。

そうか・・・秀秋にとって北政所は叔母だったもんな。(これは知ってた)

兄の子で、元・秀吉の養子だったのね。だから、小早川が五大老だったのか。

関ヶ原の伏線ですね。必要な描写だ。



景勝様が秀俊を自分も養子だったと諭すシーンはなかなかですが、消極的姿勢がちょっと・・・。

「天地人」 愛の花戦

大河ドラマ「天地人」。愛の花戦。

女の戦い・・・・・・北政所VS淀。

正室と嫡男を産んだ側室の対立はよくあることです。

これが、天下人の正室側室だからたちが悪い。

周囲も巻き込んだ女の大戦の勃発です。

関ヶ原に向かって、たくさん伏線を引いておきたい所ですね。



そんな今回の話。

花戦はヒメサユリの一幕だったみたいですね。

淀は無邪気な雰囲気で演じられていますが、どうしても裏を見てしまう。

いっぱいのヒメサユリを北政所に見せるシーンも無邪気そうでしたが、悪意の塊でしかありませんでしたねw

私的に淀の印象は悪女なので、もっと悪そうでいいと思いますけどね。



淀と菊が仲良さげになってますが、関ヶ原でも上杉は淀側だからアリですかね。



ま、朝鮮出兵も秀吉の傷心旅行みたいな扱いですが、どうでもいいかw

諸大名が秀吉の命の下に集まる前例に・・・という三成の策も入っていたようですが、褒美に与える土地がなくなったこと、諸大名の目を海外に向けて政権を安定させる狙いもあったと思いますね。

愚策は愚策だったと思いますけどw



景勝様と兼続の話題は・・・・・・

景勝様に髭が生えて凛々しさが上がりました!

・・・・・・って、どーでもいいなw

















「天地人」 女たちの上洛

大河ドラマ「天地人」。女たちの上洛。

まあ、ドラマとしては普通じゃないですかね。

タイトルで展開は読めましたがw



景勝様と兼続達は、関東より越後に帰還。

これで戦無き世がきたと喜びます。



しかし、ここで秀吉から諸大名に奥方を上洛させろとの命が下ります。

これは当然、人質のようなものです。

景勝の奥方である菊姫は断固拒否!

あの拒否っぷりにびっくりしましたが・・・・・・ここで武田の姫をアピールか。

そういえば、初登場のとき弓を撃ってた勝気な姫でしたね ^ ^ ;

お船も何度も説得に来ますが聞く耳持たず・・・・・・と、ここで陣痛が!

えー、ここでかーーー!

で、強制的にお産のシーンに突入ですw

菊姫も手伝うことに。無茶な展開ですw

しかも、オチは



「産まれましたーーーーーーーー!!!」



シリアスな展開は見事に吹き飛びましたw

この後で、母になりたいと少し本音を話した菊姫でした。

「天地人」 天下統一

大河ドラマ「天地人」。天下統一。

いよいよ、北条攻めです。

いつもの狭い世界ではなく、メインが大舞台なので楽しく見れました。

今回こそ、一話で終わらすにはもったいない回でしたね。



上杉は前田・真田と共に北から支城を落としながら小田原へ参陣します。

と、この辺りで争いを極力避けるためとか言ってましたが、それはまあどうでもいいですw



で、前回から期待してたもの、その1。出ました!

伊達政宗が直江兼続・徳川家康の書状を読み、参陣することを決意。

白装束(死装束)を着て、秀吉の前に現れます

このシーンはあると思いました。ナイス選択!

で、その正宗に刀を向け、もう少し遅ければここが飛んでおったと首をポンポンと叩く秀吉。

これは、戦国無双のシーンを見ているようでしたが、面白くはありましたねw

「天地人」 北の独眼竜

大河ドラマ「天地人」。北の独眼竜。

伊達政宗、登場の回です。



正宗の印象ですが・・・・・・

正直、あまりよくありません。

いい意味での暴れ者ではなく、先の見えていない悪い意味での暴れ者的な?

なんでしょうね?チンピラ臭い?そんな感じ。

ポイントは、片倉・愛姫という有名所の顔見せくらいですかね。

後々まで、兼続VS正宗の構図を描くためなのかな?



佐渡平定は・・・話し合いで降伏?

実際はしないとか言いながら、武力行使しているのではと疑いたくなる。

調べてないのでわかりませんけども。



次回は、北条攻めですか。

兼続・正宗ともに、エピソードはありますが。

その場面が出てくるかな~っと、期待して見ようと思います。

















Google 検索
ブログ内検索
カテゴリ
ユーザタグリスト
最新記事
その他リンク
同管理人の別サイト
 『センゴク絵巻


  ↓ 参加中のランキング ↓
● にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
● 人気ブログランキングへ
● blogram投票ボタン

● 
  季節 特集

プロフィール

漣 泉石

HN : 漣 泉石

性別 : 男

趣味 : ゲーム、スキー、日本史

好きな戦国武将 : 織田信長

好きなモンハンの武器 :
     ランス > 弓 > 大剣

無料でお小遣い稼ぎ

メールのURLをクリックするだけ
約10秒で1円など
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

アンケートに答えるだけ
約1分で3円など
マクロミルへ登録
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PR






RSSリンクの表示
QRコード
QR
blogram.jp
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。